キャロウェイ MAVRIK(マーベリック)シリーズ登場

キャロウェイの2020年モデル、MAVRIK(マーベリック)の詳細が発表されましたので紹介します。ドライバーに関しては、ヘッドが3種類ありますので、それぞれ紹介します。

 

キャロウェイ MAVRIK(マーベリック)シリーズの特徴

ヘッドが3種類ありますが、共通する飛ばせるテクノロジーを紹介します。

フラッシュフェース SS20

人工知能で計算されたフェースがさらに進化しました。打点がズレても強く弾く範囲が広がってます。スイートエリアを外しても、ミート率が著しく落ちることがないので、飛距離が落ちにくいです。今まで以上に弾きが良くなっており、ボールスピードが速くなってます。

ジェイルブレイクテクノロジー

今まで通りヘッド内部には2本の柱、ジェイルブレイクテクノロジーが搭載されており、インパクト時の無駄な撓みを抑えてくれます。

 

MAVRIK(マーベリック)

マーベリックシリーズの中でもレギュラーモデルとなります。ヘッドスピードが速くなるという、空気抵抗を減らせるヘッド形状(サイクロン形状)となってます。特殊な形状のヘッドとなってます。

マーベリックシリーズの中でももっともバランスの取れたドライバーとなっており、程よいボールの捕まり、低スピンで、適度な重心深度により、万人受けするドライバーとなってます。

かなり低スピンなボールが打ちやすくなっているので、ロフト角選びに注意してください。

スポンサー広告

MAVRIK(マーベリック) | 基本スペック

基本スペック情報

  • 純正装着シャフト:Diamana 50 for Callaway(S・SR・R)
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ
  • ロフト角:9.0、10.5、12.0

MAVRIK(マーベリック)ドライバー購入

 

MAVRIK SZ(マーベリック サブゼロ)

サブゼロは、シリーズの中でも重心位置が浅くて、バックスピン量が少なくて強いボールが打てます。かなり低スピンなので、パワーのある、叩けるゴルファーじゃなければ、ボールが上がり難く感じることがあるので、注意して下さい。

MAVRIK SZ(マーベリック サブゼロ) | 基本スペック

基本スペック情報

  • 純正装着シャフト:Tour AD SZ-5 Type II、Tour AD XC-6、Speeder 661 EVOLUTION VI、Diamana ZF 60、TENSEI ORANGE CK PRO 60
  • ヘッド体積:450cc
  • 長さ:45.5インチ
  • ロフト角:9.0、10.5

 

MAVRIK MAX(マーベリック マックス)

シリーズ中、もっともボールの捕まりが良いヘッド構造となっており、スライス回転を減らして、フック系のボール、ドローボールが優しく打てるヘッドです。ヘッドスピードが遅くても、ボールを捕まえて飛ばせます。

個人的にはマーベリックシリーズの中でもっとも気になるドライバーです。そして、ゴルフスコア100切りを目指すゴルファーでも、ドローボールが優しく打てるのが、MAVRIK MAX(マーベリックマックス)です。発売が4月となってますので、待遠しです。

MAVRIK MAX(マーベリック マックス) | 基本スペック

基本スペック情報

  • ヘッド体積:460cc
  • 純正装着シャフト:Diamana 40 for Callaway (S・SR・R)
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ
  • ロフト角:9.0、10.5
ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧