ゴルフスイング物理学 | 小澤康祐


ゴルフスイング物理学ゴルフスイング改善を含むスポーツ動作の研究をされている、スポーツトレーナーの小澤康祐さんによる、最新理論でスイングを作ることができるウェブ講座の紹介です。YouTubeチャンネルもあり、紹介動画がいくつかありますので併せてチェックしてみて下さい。

ゴルフスイング理論は判り難い

ゴルフスイングというのは、様々な理論があります。フォースタンス理論だったり、アメリカ最新理論などもあります。また、ゴルフスイングという動作を説明するための言葉がとても難しいことが、余計にゴルフスイングの解釈を難しくしていると感じませんか?

例えば、ゴルフスイングは腰を回転すると説明されていることもあれば、実は腰の回転ではなくて、股関節の回旋が必要であると説明されていることもあります。ゴルフクラブは、トップスイングから真っ直ぐ下してきて、下半身が先行していけば腕が身体に巻き付くように下りてくると説明されていると思えば、実は真っ直ぐに下してこないと説明をされていることもあります。

ぶっちゃけ、よく判らないから、説明の仕方を統一した方が良いと思われること甚だしいと感じる人は少ないないと思います。

 

小澤康祐さんのゴルフスイング物理学

また、ゴルフスイングを難しくしているのは、説明することが変わることで、受け取り側の意味が変わってしまうという点が挙げられます。わざとゴルフスイングを難しいものにしてしまっているゴルフレッスンなどと異なるのが、小澤康祐さんのゴルフスイング物理学です。

小澤康祐さんの理論は、動作と結果が明確となっています。つまり、スライスするならば、スライスするなりの動作をしているということです。このような動作をするとフックする、このような動作をするとシャンクするというエラーが発生するゴルフスイングは、どのような動作なのかを科学しています。その動作を覚えることで、エラーを減らし、ナイスショットの確率が高くなるスイングを覚えるおとができます。それは、理論なのですが、単なる能書きやウンチクとは違って、動作と結果がシンクロされているので、とても判りやすいです。

 

トラウマになりやすいミスショットも科学してる

特にゴルファーにとって、トラウマになりやすい、フック、チーピン、シャンクというのは、危険度が高いです。ラウンド中、セカンドショットのシャンクとか、強烈なチーピンが出ると、不安になって打てなくなってしまいます。ミスショットというのは、それだけゴルファーにメンタルダメージを与えることが多いというのは、ゴルファーならば知っているはずです。小澤康祐さんのゴルフスイング物理学で、適切なスイングを覚えましょう!

 

前倒し理論も科学されてる

手打ちにならない、手打ち。前倒しも科学されて紹介されています。とても判りやすいです。どうしてシャンクするのか、どうしてヒールでヒットしてしまうのか、その動作も科学されています。

下の動画では、前倒しスイングでヘッドスピードを速くするコツが紹介されてます。この打ち方が無料で丁寧に解説されている動画は、とても珍しいですし、とても価値のあることです。

 

 

ゴルフスイング物理学

書籍も発売して、さらに判りやすくなっています。

ワッグルゴルフブック ゴルフスイング物理学

新品価格
¥1,058から
(2018/12/23 21:55時点)

100切りゴルファーでも飛ばすコツ

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧