ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー


2018年10月発売の2019年モデル インプレス UD+2 ドライバーが登場しました。詳細は以下のリンクより確認できます。
ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー 2018-2019年モデル


写真:GDOギアカタログ

 

ヤマハのドライバーは、総じて重心距離が短いモデルが多くて、捉まりが良いです。インプレス UD+2 ドライバーは、重心距離に関しては、短いとは言えませんが、重心角(重心アングル)多く入っているので、とても捉まりが良くなっています。ヘッドが返り易くなっており、捉まえて、高い弾道が打てるドライバーです。

ヘッド形状は、シャローとなっていますので、普通に打てば、スイートエリア近くで打つことができるので、ミート率が上がりますし、高弾道のボールが打てます。

シャフトが長目の46インチとなっていますので、ヘッドスピードを加速させて、強いボールを打つことができます。

基本スペック情報

  • ヘッド体積:460cm3
  • 純正装着シャフト:オリジナルカーボンTMX-417D(S・SR・R)
  • ロフト角:9.5°・10.5°
  • 重心距離:39.8mm
  • 弾道調整機能付き
ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー の 特長

  • 重心角が深くて捉まる
  • スライスを減らすことができる
  • シャローヘッドで高弾道が打てる
  • クラブ総重量が軽くて振りやすい

ヤマハ インプレス UD+2 ドライバーの購入

購入される際は、シャフトのスペック、ロフト角に注意してください。

ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー中古の価格帯
26,000円~40,000円くらい

ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー新品の価格帯
72,000円~

ゴルフパートナー 公式オンラインショップ
中古クラブの見極め、目利き、値付けの信頼度抜群です。在庫数が多すぎて他のネットショップで販売し切れない良質中古クラブが豊富です。

ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー 中古

 

その他、ドライバー関連記事

その他、ドライバーに関する記事があります。ドライバー選びの知識をつけて、間違えのない、自分に合ったドライバーをしてください。ドライバーが自分に合えば、それだけでナイスショットの確率が高まりますので、スコアアップが目指せます。

 

ドライバー メニュー

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧