本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー

 

本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー

捉まり重視のドライバー

本間ゴルフのビジール535ドライバーは、捉まり重視のモデルとなっており、スライスを減らして、方向性と直進性をアップさせてくれます。ビジール535ドライバーの最大の特長としては、重心角が25度となっており、インパクトでヘッドが返りやすくなっています。これが、捉まりを良くしている構造です。スライスを減らして、直進性を高めることができれば、それだけで飛距離アップすることができます。

重心角(重心アングル)

重心角というのは、重心アングルと呼ばれることもあります。重心角というのは、ドライバーの捉まりを大きく影響してきます。ドライバーヘッドというのは、テイクバックで開いて、インパクトに向けて閉じていきます。この、ドライバーヘッド(フェース)の開閉のし易さを手伝ってくれるのが、重心角です。重心角が大きい方が、捉まりが良くなります。

重心角25度

ビジール535ドライバーは、重心角が25度となっており、従来のドライバーよりも捉まりが良いです。併せて、ヒール側にウェイトを配置して、ネック軸を中心にヘッドを回転しやすくしており、さらに捉まりが良くなっています。

低スピンで高弾道が打てる

もともとバックスピン量を減らせるヘッド構造となっていますが、シャフトが先中調子となっているので、インパクトでヘッドが上を向いてくれますので、高弾道が打ちやすいです。

基本スペック情報

  • ヘッド体積:460cm3
  • 純正装着シャフト:VIZARD for Be ZEAL(S・SR・R)
  • ロフト角:9.5° / 10.5°
  • 長さ:45.75インチ

VIZARD for Be ZEAL シャフトスペック

調子は、先中調子となっており、本間ゴルフの拘りが見えます。ドライバーヘッドを走らせるためにシャフトにも拘りを持っているのを感じます。手元に剛性を持たせながらも、ヘッドが走ってくれます。

クラブ総重量が軽いのですが、シャフト剛性がしっかりとしており、硬さを感じるかもしれませんので、シャフト選択は注意して下さい。

フレックス トルク シャフト重量 クラブ総重量 バランス
S 5.6 51 296 D2
SR 5.7 49.5 295 D2
R 5.8 48 292 D1
本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー の 特長

  • 直進性と方向性を高められる
  • スライスを減らせる
  • 捉まりが良い
  • 高弾道でキャリーを出せる
スポンサー広告

本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー 中古購入

ゴルフパートナーでは、中古が販売されています。
ロフト角、シャフトフレックスに注意して、自分に合ったビジール535ドライバーを探してみてください。

購入目安価格としては、25,000円~くらいで購入がしたいですね。

 

関連記事

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧