Warning: getimagesize(https://www.a-golf.net/img/category/19honma-xp1-catetop.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/bluerumble/golf-double-bogey.jp/public_html/wp-content/themes/golf-double-bogey.jp/twitter-card.php on line 44
100切りゴルファーでも打てる、本間ゴルフ T//WORLD XP-1 ドライバー | ゴルフ100切るコツを掴むブログ

100切りゴルファーでも打てる、本間ゴルフ T//WORLD XP-1 ドライバー

本間ゴルフのツアーワールドといえば、アスリート向けで、上級者向けのイメージが強いですが、今回ツアーワールドに新しいラインナップが追加されました。それが、XP-1ドライバーです。

 

本間ゴルフ T//WORLD XP-1 ドライバー 基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5度、10.5度、HL(12度)
  • 装着シャフト:VIZARD 43

 

VIZARD 43 シャフトスペック

想像以上にソフトスペックなシャフトとなってます。シャフト重さが軽く、トルクが大きくなってます。トルクが大きいのですが、中調子となっているので撓りはあまり気になりません。シャフトの撓り戻りがあるからこそ、アッパーブローで打てますし、ドライバーヘッドとの相性が抜群です。

フレックス S SR R
シャフト重さ 46.5 44.5 42.5
トルク 6.5 6.65 6.8

 

ボールが捕まり過ぎないドローバイアス

ソール側のネック寄りにウェイトが配置されており、重心角(重心アングル)が大きく入ってます。といっても、ビジールのようにめちゃくちゃボールが捕まるという感じではありません。捕まり過ぎずに、ストレートボールが打てます。

 

ミート率を高めて飛ばす

本間ゴルフは自社にてドライバーヘッドとシャフトを開発しており、自社が開発したドライバーヘッドの性能を活かすことができるシャフト設計をしています。とにかくドライバーヘッドとシャフトの相性が抜群となっており、ダウンスイングからインパクトにかけては、自然とヘッドが加速してくれるような設計となっています。

スポンサー広告

ヘッドスピードが遅くても、強いインパクトで打てますし、XP-1ドライバーは、ヘッド性能とシャフト剛性の相乗効果により、ミート率を高めて、飛ばせるドライバーです。ヘッド形状はシャローとなっており、スイートエリア近くでボールが打ちやすい形状となってます。一見、ディープフェースに見えますが、シャローです。

シャフト性能がドライバーヘッドにマッチしているので、何度打っても殆ど同じようなインパクトでボールを打つことができます。これは、再現性が高いといえますし、ナイスショットの確率が高くなります。また、弾道のバラ付きが減らせるので、安定したティーショットが打てるようになります。

ヘッドクラウンは黒色となっており、引き締まった雰囲気と、構えやすい、クセのないクラウンとなってます。ビジールの場合、ヘッドの色が青色だったのが嫌だという人には、XP-1ドライバーの方が向いてます。

 

微妙にシャフトが短いドライバー

最近、45.75インチ、46インチくらいのドライバーが主流となるなかで、XP-1ドライバーの長さは45.25インチとなってます。少しだけ短いセッティングとなってます。

 

T//WORLD XP-1 ドライバー購入

有賀園ゴルフにて購入できます。

T//WORLD XP-1シリーズ 購入

ドライバーだけではなく、T//WORLD XP-1 アイアン、フェアウェイウド、ユーティリティもあります。

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧