タイトリスト TSi2 ドライバー

タイトリストの新しいモデルのドライバーです。

 

タイトリスト TSi2 ドライバー

シャロー形状のヘッドとなっており、低重心でありながら、深重心で高慣性なヘッドとなってます。

 

ATI 425チタン

硬くて強い素材で、加工が難しいと言われているATI 425チタン素材を使用してます。
これによりフェース面の弾きが良くなり、ボール初速を速くしてくれます。

実際に打ってみると、かなりフェースの弾きが良くなっており、多少打点がズレてもボールを強く弾いてくれます。フェース面がフラットでバルジとロールがありませんので、打点がズレても、飛び出しが左なら左方向に、飛び出しが右なら右方向に飛んでしまう傾向が強くあります。

打点が安定しないゴルファーにとっては、当たり損ないのショットでも、けっこう飛ばせるので、飛距離アップできた感覚が得られるはずです。

スポンサー広告

 

空力性能

空気抵抗を減らせるヘッド形状になっており、ハーフウェイダウンからヘッドが走ってくれます。空力性能が高まったことでヘッドスピードが速くなったような感じがします。

 

タイトリスト TSi2 ドライバー 特徴

基本スペック情報

  • ヘッド体積:460cm3
  • 純正装着シャフト:TSP110 50、TSP322 55、Tour AD DI5、Tour AD DI6
  • ロフト角:9.0° / 10° / 11°

 

タイトリスト TSi2 ドライバー 打ってみて

タイトリストが公開するデータとしては、非常にシンプルなスペックが公開されてるだけです。が、実際に打ってみると、直進性が高く、それなりに低スピンで、ボールも上がりやすい印象があります。トゥ側、ヒール側にも慣性モーメントが高くなるというヘッド設計となっており、実際にフェードボールもドローボールも打ちやすいヘッドとなってます。ある意味、操作性しやすいヘッドです。

 

TSP110 50 シャフトスペック

シャフト重さが、40グラム台の軽量シャフトです。クラブ総重量も軽くなりますし、トルクも大きくて、パワーの無いゴルファーにピッタリなシャフトです。やや、トルクが大きすぎるからなのか、スピン量が増える傾向にあります。

フレックス SR S Tour S
シャフト重さ 44 46 48
トルク 6.1 5.8 5.7
クラブ総重量 299 301 303
キックポイント 中調子 中調子 中調子

 

TSP322 55 シャフトスペック

シャフト重さが50グラム台の一般的な重さのシャフトです。
とてもバランスの良いシャフトです。

フレックス SR S Tour S
シャフト重さ 54 56 58
トルク 5.1 5.3 5.1
クラブ総重量 310 312 314
キックポイント 中元調子 中元調子 中元調子

 

Tour AD DI5 シャフトスペック

フレックス S
シャフト重さ 57
トルク 4.7
クラブ総重量 311
キックポイント 中元調子

 

Tour AD DI6 シャフトスペック

フレックス S
シャフト重さ 65
トルク 3.3
クラブ総重量 319
キックポイント 中元調子

 

タイトリスト TSi2 ドライバー 購入

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧