PING G425 SFT ドライバー

PING 2020年 最新モデルのドライバーです。G425シリーズは、ヘッドが3種類ありますが、その中でもドローバイアスが入っており、ボールの捕まりが抜群なドライバーヘッドです。

 

PING G425 SFT ドライバー

PING 最新モデルのドローバイアスの入ったドライバーです。つまり、スライスしないドライバー、真っ直ぐ飛ばせるドライバーです。スライスに悩んでるゴルファーに強くお勧めできるドライバーです。今までスライスしか打てなかった人が、ドローが打てたり、真っ直ぐ打てるようになります。

ドローバイアスが入ってるということは、ヘッドが返りやすく、ボールが捕まります。なので、アウトサイドイン軌道のゴルファーの場合、ボールの飛び出しがいきなり左方向になってしまうことがあるかもしれません。このような場合、打ち方(スイング)に問題があります。

 

SFT | ドローバイアス

SFT(Straight Flight Technology)は、真っ直ぐ飛ばすためのテクノロジーが詰め込まれてるという意味です。簡単にいってしまえば、スライスが多いゴルファーが、真っ直ぐ飛ばしやすくなるという意味です。

ヘッドのヒール側(ネック軸近く)にウェイトが取り付けられており、重心角(重心アングル)が大きく入っており、ヘッドローテーションしやすい構造となってます。ややフェースが開いた状態でインパクトしても、スライスし難いヘッドです。

 

PING G425 SFT ドライバー 特徴

シャフトの脱着は可能ですが、弾道調整機能はありません。ウェイトを取り外して、位置を移動させることができません。ウェイトは固定式となります。

基本スペック情報

  • ヘッド体積:460cm3
  • ロフト角:10.5
  • 長さ:45.75 or 45.25インチ(装着シャフトによって異なります)

 

装着シャフトに関して

ALTA J CB SLATE が 標準装着となります。

フレックス R SR S
シャフト重さ 45 50 55
トルク 5.9 5.2 4.7
キックポイント 先調子 先中調子 中調子

 

PING G425 SFT ドライバー 購入

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧