Warning: getimagesize(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/bluerumble/golf-double-bogey.jp/public_html/wp-content/themes/golf-double-bogey.jp/twitter-card.php on line 44

Warning: getimagesize(https://arigaengolf.fs-storage.jp/detail-img/xxio10-mzdr-spec.jpg): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/bluerumble/golf-double-bogey.jp/public_html/wp-content/themes/golf-double-bogey.jp/twitter-card.php on line 44
ゼクシオテン ドライバー ミヤザキモデル | ゴルフ100切るコツを掴むブログ

ゼクシオテン ドライバー ミヤザキモデル

 

ゼクシオテン ドライバー ミヤザキモデル

Miyazaki Waenaが装着されたゼクシオテンドライバーの紹介です。Waena(ワエナ)とは、ハワイ語で中心という意味です。振っても、叩いても、スイートエリア(中心)で打つことができるという意味が込められています。

従来のMP1000カーボンシャフトでは、軽すぎるというゴルファーにオススメのモデルです。程よい重さと、程よい硬さのシャフトとなっており、一般的なパワーを持ったゴルファーでも、頼りなさを感じることなく十分に扱えるスペックとなってます。

もともと、高弾道が打てる人は、ロフト角9.5度を選んだ方が中弾道で前に飛ぶボールが打ちやすくなり、キャリーとランを出しやすくなります。

実際に打ってみた感想

Miyazaki Waenaが装着せれているということから、アスリート向けなイメージがありますが、意外と優しく打てます。また、従来のMP1000カーボンシャフトが装着されたゼクシオテンドライバーよりも、少しだけ短めの設定となってます。45.5インチです。短いので振りやすいですし、ミートさせやすい感じがします。

ヘッドは黒色となっており、構えると引き締まって、ヘッドが小さく見えますし、硬派で玄人志向な印象を受けます。

Miyazaki Waena シャフトは中調子となっており、強く振ってもあまり撓りを感じません。

硬いという訳ではないのですが、撓りを感じ難い印象を受けました。シャフトが引き締まっているという印象を受けました。なので、インパクトにかけてのトゥダウン現象が抑えられるので、フェースの芯で打ちやすいです。毎回、同じ打点で打てるので、再現性の高いスイングができます。

これは、Miyazaki Waena シャフト性能が活かされていると思いました。

ヘッドスピードは、38m/s以上は必要です。

Miyazaki Waena装着モデル 基本スペック

基本スペック情報

  • ヘッド体積:460cm3
  • 装着シャフト:Miyazaki Waena(S・SR・R・R2)
  • ロフト角:8.5°・9.5°・10.5
  • 長さ:45.5インチ

Miyazaki Waenaカーボンシャフト スペック

クラブ総重量は、フレックスSで294グラムとなっております。300グラムを切ってくるので、重過ぎず、軽すぎないシャフトとなっています。

フレックス S SR R
シャフト重さ 53 50 48
トルク 5.2 5.3 5.4

ゼクシオテン ドライバー Miyazaki Waena装着モデル 購入

有賀園ゴルフにて購入できます。価格が安くなってます。47,300円(税込)です。
価格は予告なく変更となる場合がありますので、注意してください。

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧