PING G425 MAX ドライバー

最近、話題のPINGのドライバー。そのなかでも、慣性モーメントが高いG425MAXドライバーを紹介します。

 

PING G425 MAX ドライバー

シブコ(渋野日向子)人気の後押しもあり、最近はかなり人気ドライバーとなってきました。売り切れるのも早くなってきました。さて、最近のPINGのドライバーは、何が凄いかと言いますと、ヘッドがブレない直進性と低スピンで高弾道が打てるという設計になっているという点です。

また、オリジナルシャフトもかなり高性能となっており、ドライバーヘッドの性能を最大限に引き出せる設計となってます。もうカスタムシャフトが必要無いというくらいに、PINGオリジナルシャフトの性能が高いです。

G425 MAX ドライバー ヘッドの特徴

G425シリーズには、3種類のヘッドがあります。G425 MAX ドライバーは、中間的な存在のドライバーとなります。ヘッド後方に取り外して、移動可能なウェイトがありますし、強くドローバイアスが入ってるワケでもありませんので、捕まり過ぎない、逃げ過ぎないというヘッドとなってます。

装着シャフトの個性に合わせられるヘッドとも言えます。G425シリーズ 3種類のヘッドの中でどれが良いのか悩んだらとりあず G425 MAX をおすすめします。

移動可能なウェイト

G425 MAX ドライバーの最大の特徴とも言えるのが、ヘッド後方に取り付けられた移動可能なウェイトです。ウェイトの位置を変更することで、フェード打ち、ストレート、ドロー打ちという弾道調整が可能です。これにより、スライスが多い人は、ドローポジションにすることで、スライスを回転を減らして、真っ直ぐ飛ばしやすくなります。

 

高MOI(高慣性)

PING G425 MAX ドライバーの最大の特徴が、高MOI(高慣性)です。インパクトの瞬間もヘッドが当たり負けしない、ヘッドがブレない高慣性モーメントとなってます。

イメージとしては、超重量級のダンプカーが衝突するようなイメージです。真っ直ぐに強くて、ブレないインパクトで打てます。

弾くフェース面

PINGオリジナルの FORGED T9S+チタンによるルール適合内で反発力を高めてます。独特の打音で飛ばせます。

スポンサー広告

VORTEC(ボーテック)

ダウンスイングにかけて、ヘッドの空気抵抗を減らしてくれるVORTEC(ボーテック)という構造が取り入れられてます。これにより、ヘッドの挙動が安定して、加速します。ハーフウェイダウンからインパクトにかけて、ヘッドが走ってくれます。

 

PING G425 MAX ドライバー 特徴

基本スペック情報

  • ヘッド体積:460cm3
  • ロフト角:9° / 10.5° / 12°
  • 長さ:45.75 or 45.25インチ(装着シャフトによって異なります)

 

ALTA J CB SLATE カーボンシャフト

長さは、45.75インチです。
フレックスによって、キックポイントが異なります。

フレックス R SR S X
シャフト重さ 45 50 55 60
トルク 5.9 5.2 4.7 4.4
キックポイント 先調子 先中調子 中調子 中調子

その他、重くて硬いシャフトもあります

ヘッドスピード40m/s以上ある場合は、重くて硬いシャフトを試してみると良いです。ヘッドの無駄な動きを抑えられて、バックスピン量を減らせて、さらにキャリーアップできます。

長さは、45.25インチです。

  • PING TOUR 173-55
  • PING TOUR 173-65
  • PING TOUR 173-75

 

PING G425 MAX ドライバー 購入

装着シャフト、ロフト角に注意してください。

ヴィクトリアゴルフでも販売中。税込 61,600円~
その他、シャフト装着モデル、ロフト角あります。
Victoria Golf
PING G425 MAX ドライバー 173-55 装着 10.5度
PING G425 MAX ドライバー 173-65 装着 10.5度
PING G425 MAX ドライバー ALTA J CB SLATE 10.5度
ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧