PING G425 MAX フェアウェイウッド

G430シリーズが発表される可能性があり、G425シリーズの値段がお安くなってますので、お買い得です!

 

PING G425 MAX フェアウェイウッド

PING G425 シリーズのフェアウェイウッドには、ヘッドが3種類がありますが、G425 MAX フェアウェイウッドを紹介します。

G425 MAX フェアウェイウッドは、フェースの弾きが良いですし、低重心でありながらも重心深度が深くなっており、高弾道が打ちやすくなってます。ヘッド形状も縦に薄くなっており、ボールの下側に的確にコンタクトしてボールを上げやすい、掬って打てる形状となってます。ヘッドが縦方向に薄くなってますので、構えてみるとヘッドがペタンと平らな感じがします。

ヘッド全体は黒色基調となっており、引き締まったヘッドとなってます。マットブラックに近い色合いとなってますので、陽の光が反射して眩しくなるのを防いでくれます。とても構えやすいヘッドです。

アジャスタブルホーゼル付き

アジャスタブルホーゼルが装着されてますので、簡単にシャフトを交換することができますし、ロフト角、ライ角の調整が可能です。一般的なフェアウェイウッドの場合、アジャスタブルホーゼルが無いモデルが多いのですが、G425 MAX フェアウェイウッドはアジャスタブルホーゼルがありますので、自分の打ち方や求めてる弾道に合わせて微調整することが可能です。

 

番手別ロフト角

  • 3番ウッド:ロフト角 14.5°
  • 5番ウッド:ロフト角 17.5°
  • 7番ウッド:ロフト角 20.5°
  • 9番ウッド:ロフト角 23.5°

従来のフェアウェイウッドよりもロフトが少しだけ立っており、微妙にストロングロフトとなってます。もともと、高弾道なボールが打ちやすく、ボールが上がりやすくなってしまうのを防ぐために0.5度だけロフト角が立ってます。

PAR5 ロングホールのセカンドショットで使える

ロフトが少し立ってることもあり、ボールが前に飛ぶ印象が強く、かなりランもでます。従来のフェアウェイウッドよりも5~8ヤードくらい距離が出てます。

距離の長いPAR4で使える

400ヤードを超えるくらいのPAR4ミドルホールのセカンドショットにも使えます。が、低スピンでボールが前に飛ぶエネルギーが強いので、グリーンで止められるかは難しいところです。ボールをグリーン近くにまで運ぶには、かなり使えるフェアウェイウッドです。

ショートウッドが充実してる

G425 MAX フェアウェイウッドの特徴のひとつとして、ショートウッドが充実してます。7番ウッド、9番ウッドまで用意されてますので、アイアン型ユーティリティが苦手でウッドが好きな人に向いてます。

 

純正装着シャフト

ALTA J CB SLATE カーボンシャフト
フレックス:S、SR、R

※その他、装着可能なシャフトもあります。

 

PING G425 MAX フェアウェイウッド 特長

  • フェースの弾きが良い
  • 適度なストロングロフトで飛ぶ
  • 低重心+深重心で高弾道が打てる

 

PING G425 MAX フェアウェイウッド 購入

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧