フェアウェイウッド

ゴルフ100切りに向いてるフェアウェイウッドの選び方と紹介

 

フェアウェイウッドの打ち方のコツ

フェアウェイウッドは無理せずに振ることです。飛ばす必要性はありません。フェアウェイウッドが打ち難いなと思ったら、アイアンクラブに変更して、安全にボールを運ぶことも大切です。

芝生の上から打てるクラブの中でも長さもあり、飛距離が出せるクラブです。ボールの置く位置を左足側よりにし過ぎずに、適切なコンタクトができるように打つことが大切です。フェアウェイウッドの打ち方のイメージとしては、アイアンクラブの様に打ち込む方が良いですが、フェアウェイウッドはクラブが長いので自然と払い打ちのようになります。

スポンサー広告

また、クラブの最下点は、ボールの位置と同じか、ボールの位置より少し手前にすることで、フェアウェイウッドがしっかりとボールにコンタクトしてくれます。ドライバーのようにボールの位置を左足側寄りにし過ぎると、フェアウェイウッドがボールに届かずにトップしてしまったり、ダフってしまったりすることがあります。

フェアウェイウッドは払い打ち

ただ、アイアンと同じように打ち込もうと思っても、フェアウェイウッドはクラブの特質としてシャフトが長いので、アイアンと同じように鋭角に上から打ち込み難いので、レベルブロー(払い打ち)に近い打ち方になってしまうことが多いです。

また、フェアウェイウッドはソールが広いクラブですので、芝生の上をある程度は滑ってくれることもありますので、女性ゴルファーは、多用できるように練習しておくとよいです。

 

フェアウェイウッドのミス

ボールの置く位置を左足側寄りにし過ぎると、クラブが届かずに、ボールの頭だけを叩いてしまったり、ボールにヒットする前に、ダフってしまうことがあります。フェアウェイウッドは、シャフトが長いので、どうしてもドライバーと同じような打ち方をしてしまいます。ドライバーは、ボールをティーアップできますが、フェアウェイから打つ場合は、ティーアップすることができません。ドライバーと同じようにアッパーブローで打とうとすると、ボールの手前でダフってしまったり、ボールの頭を叩いてトップしてしまうことがあります。

 

フェアウェイウッドが打てない

フェアウェイウッドが打てないのは男性ゴルファーに多いです。意外にも女性ゴルファーはフェアウェイウッドを上手に使いこなしている場合が多いです。その違いはと言いますと、チカラが入っているか、チカラが抜けているかの違いです。男性ゴルファーの場合はチカラが入ってしまってダフってしまうか、トップになってしまうことが多いです。チカラが入ってしまう理由は、とても簡単です。技術論じゃないところに原因があります。原因はフェアウェイウッドで飛ばそうと強い気持ちを持ってアドレスをしているからです。飛ばそうと思えば、チカラが入ってしまいます。フェアウェイウッドはクラブの構造上、もともと飛ぶように作られていますから、気合を入れなくても飛んでくれます。軽い気持ちで振っていくことが大切です。

女性ゴルファーはフェアウェイウッドを使った方が良い

反面、女性ゴルファーは余分のチカラが入ってませんので、フェアウェイウッドというクラブが仕事をしてくれています。多少、ボールの手前からヘッドが入ってもソールに厚みがありますので、滑ってくれてボールにヒットして、飛ばしてくれます。むしろ、女性ゴルファーの場合は、アイアンよりもフェアウェイウッドの方が得意、打ちやすいという人が多いです。


フェアウェイウッドは、ティーショットでも使えるし、ロングホールのセカンドショットでも使えます。打てるようになることで、スコアを縮めやすくなります。

 

ゴルフ100切りのフェアウェイウッド

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧