レディス用 飛ぶドライバー 選び方 おすすめ中古ドライバー

女性用(レディース用)ドライバーの紹介です。女性がドライバーを選ぶポイントを紹介しながら、おすすめの中古ドライバーを紹介します。中古ドライバーの場合、ヘッドカバーが無かったり、ライ角やウェイトを外すためのレンチが無かったりしますが、こちらで紹介する中古ドライバーは、ヘッドカバー付き、レンチ付き、付属品の欠落の無い中古ドライバーを紹介しています。

 

レディス用ドライバー 中古 選び方のコツ

レディース用ドライバー、女性用ドライバー中古の選び方、探し方のポイントを紹介します。

フェース面の反発が強いドライバー

女性ゴルファーは、男性ゴルファーよりも、パワーが無いということと、体重も軽いということもあり、ヘッドスピードが速くありません。 ですから、ヘッドスピードが遅くても飛ばせるドライバーを選ぶというのが、最大のポイントです。ヘッドスピードを速くすることは、現実的に難しいですが、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の強い反発を活かして飛ばすことができます。レディス用ドライバーの中古で、おすすめできるのは、フェース面の弾きが強いドライバーです。最近にドライバーは、打点が少しズレても強い反発で飛ばしてくれます。そのような、弾きの強いドライバーを選ぶこととで、平均飛距離アップが望めます。

フェース面の反発が強いドライバー
フェース面の反発が強くて、打点がズレても強く弾くようなドライバーは、ミスショットに強いのでオススメです。最近のドライバーの殆どが、そのような工夫を取り入れています。

軽量なドライバー

ドライバーの総重量が軽いドライバーがお勧めです。軽い方が振りやすいですし、速く振れる傾向が強くなり、飛ばせるからです。 レディース用ドライバーのクラブ総重量は、殆どが270~280グラム前後となっています。重さを気にする場合は、280グラム以下のドライバーを探すと良いです。

レディス用ドライバーの重さ
レディス用ドライバー、女性用ドライバーの総重量は、275グラム~280グラムまでが良いです。あまりにも重いと振れなくなってしまいます。最近のドライバーの傾向としては、軽いドライバーが多くなってきています。
スポンサー広告

レディス用ドライバー ロフト角

レディス用ドライバーの殆どが、ロフト角12度くらいとなっています。それよりもロフト角が小さくなると、ボールが上がり難くなってしまい、 飛距離を落としてしまう可能性があります。ある程度の高さで飛ばせた方が、飛距離アップができます。

レディース用ドライバ、女性用ドライバーのロフト角
ロフト角は、12度~13度くらいが良いです。ロフト角が小さすぎると、高い弾道が打てなくなってしまい、飛距離が落ちてしまいます。

レディス用ドライバー シャフトの長さ

レディース用ドライバーの長さは、概ね43.5インチ~44.5インチくらいとなっています。レディース用ドライバーは、メンズ用ドライバーと同じように、 シャフトが長くなってきています。昔は、43.5インチくらいが主流でしたが、最近は44インチ、44.5インチ、44.75インチなどのドライバーもあります。 1インチは、2.54センチです。0.5インチは、1.27センチとなります。たったの1インチでも長く感じることもありますが、自分の感覚を尊重して 選ぶと良いです。 あまりにも長いと振り難くなってしまいます。ドライバーが苦手であれば、短めのドライバーを選ぶと良いです。

ドライバーの長さ
レディス用ドライバーの長さは、44インチ前後くらいが良いです。最近のモデルは長くなっている傾向にあります。

低スピンなドライバーは飛ばせない?

最近、低スピンなボールが打ちやすいドライバーが人気です。無駄なバックスピンを減らすことで、ボールを前に飛ばしやすくなりますから、飛距離アップしやすくなります。ただし、女性ゴルファーの場合、もともとヘッドスピードが遅いこともあり、低スピン過ぎるとボールが上がらなくて、低弾道しか打てなくて、飛距離が出せないこともあり、飛ばせなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

ページ上に戻る

 

 

テーラーメイド Mグローレ ドライバー

セール価格で販売されてます。テーラーメイド公式オンラインショップにて、税抜価格 39,000円です。

女性でも飛ばせるドライバーといえば、テーラーメイドのMグローレです。やっぱり、ボールが捕まるのでスライスを減らすことができて、直進性が高くなります。それだけでも飛距離アップできます。また、クラブ総重量が軽いので、とても振りやすいです。1ラウンド通して安定してドライバーを振ることができます。

スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:12.5度
  • 長さ:44.75インチ
  • バランス:C0
  • クラブ総重量:253グラム
  • シャフト重さ:41グラム

ページ上に戻る

 

 

テーラーメイド SIM MAX ドライバー(レディス用)

テーラーメイド 2020年 最新モデルのドライバーです。かなり低スピンで、フェースの弾きが良いドライバーです。空気抵抗を減らせるとのことで、少しだけヘッドスピードが速くなります。シャフトは、TENSEI BLUE TM40カーボンシャフトが装着されます。

最新テクノロジーが詰め込まれており、飛び性能は高いのですが、ボールのつかまりが少し悪いので、スライスが増えてしまう可能性があります。ということを考えると、Mグローレドライバーの方がスライスが減らせるし、飛ばせます。

スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:12度

TENSEI BLUE TM40 カーボンシャフト スペック

フレックスA と フレックスL があります。フレックスによって長さと重さが少し異なります。

フレックス A L
クラブ総重量 282グラム 278グラム
長さ 44インチ 43.75インチ
シャフト重さ 48グラム 44グラム
テーラーメイド SIM MAX ドライバー 購入
テーラーメイド SIM MAX ドライバー(レディス用)

 

PING GLe2 ドライバー(レディス用)

渋野日向子効果なのか、人気が高くなってるPING(ピン)のドライバーです。打点がズレても飛んでくれるし、直進性の高いドライバーです。装着できるシャフトが2種類用意されてます。ULT240カーボンシャフト、ELDIO No.03 カーボンシャフト があります。

基本的には、ULT240カーボンシャフトが装着されます。フレックスは、A と L があります。

スペック
ULT240カーボンシャフトが装着された時のスペックとなります。

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:11.5度

ULT240カーボンシャフト スペック

フレックス A L
クラブ総重量 266グラム 259グラム
長さ 44.5インチ 44.5インチ
シャフト重さ 37グラム 44グラム
PING GLe2 ドライバー(レディス用) 新品購入
PING GLe2 ドライバー(レディス用)

ページ上に戻る

 

 

キャロウェイ MAVRIK MAX LITE ドライバー(レディス用)

キャロウェイの最新モデルのドライバーです。ドローバイアスが入っており、ボールが捕まりやすいですし、フェースの弾きが良くて、飛ばせます。超低スピンなので、ロフト角が2種類用意されてます。高い弾道が打てない場合、ロフト角13度をお勧めします。

シャフトは、Diamana 40 for Callawayカーボンシャフトが装着されます。

スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:11.5度、13度

Diamana 40 for Callawayカーボンシャフト スペック

フレックス A L
クラブ総重量 263グラム 261グラム
長さ 44.25インチ 43.75インチ
シャフト重さ 39グラム 37グラム
キャロウェイ MAVRIK MAX LITE ドライバー(レディス用) 新品購入
キャロウェイ MAVRIK MAX LITE ドライバー(レディス用)

ページ上に戻る

 

 

ミズノ ST200X ドライバー(レディース)

ミズノ ST200Xドライバーのレディース仕様です。一般的なモデルに装着されてるシャフトよりも、1インチ短い、44.75インチとなってます。クラブ総重量も軽く、とても振りやすくなってます。また、ドローバイアスが入っているので、ボールが捕まってくれて、直進性の高いボールが打てます。かなり低スピンなので、ボールが上がり難く感じることがあるかもしれません。

PLATINUM MFUSION D カーボンシャフト

従来のMFUSION D カーボンシャフトよりも少し短めの設定となっており、シャフト重量も軽くなってます。よく撓るので、シャフトの撓りを活かしてヘッドを加速させることができます。

フレックス R
クラブ総重量 274グラム
長さ 44.75インチ
シャフト重さ 34グラム

ページ上に戻る

 

 

症状別、ドライバーの選び方

自分がどのようなミスをするのか、ドライバーショットの何が苦手なのか、把握しているのであれば、その症状別にドライバーを選ぶことができます。以下のURLを参考にしてみて下さい。自分に合ったドライバー選びのヒントが見つかるかと思います。

ドライバーが打てない症状別、ドライバーの選び方
ドライバーが打てない症状別、ドライバーの選び方

ページ上に戻る

 

 

女性ゴルファーが上達するコツ

ページ上に戻る

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧