女性ゴルファーでも飛ばすコツ

女性ゴルファーが、スコアをまとめられない大きな理由は、飛距離です。女性ゴルファーが、100切を目指したり、さらに良いスコアを目指すには、ティーショットでしっかりと飛ばしておくということができれば、意外にも短期間でスコアアップすることができたりもします。

 

飛ばせるドライバースイングのコツ

一般的な女性ゴルファーのドライバーショットのヘッドスピード、飛距離は以下の通りとなります。しっかりとした打ち方を習得すれば、もうすこしヘッドスピードを速くすることもできるようになります。

ヘッドスピード 約32m/s前後
ドライバー飛距離 160ヤード~170ヤード
7番アイアン飛距離 100ヤード前後

ページ上に戻る

 

 

アドレス

アッパーブローで打つイメージを持って、腕のチカラを抜いてアドレスをします。ドライバーヘッドは、ソールしても良いですし、ソールしなくても良いです。自分の感覚を大切にしてください。お尻を突き出して、腰周りにチカラを入れて、背筋を伸ばしてと言われることもあります。それは、それで正しいのですが、あまりチカラを入れ過ぎると、捻転し難くなりますので、リラックスしてアドレスをした方が良いです。

アドレスのPOINT
ソールしても、ソールしなくてもどちらでも良い。腕のチカラを抜くというのは、肘から下のチカラを抜くという意味です。本当にチカラを抜いてしまうとボールを飛ばせません。肘から下を脱力することで、柔らかく、速く振ることができるようになります。

ページ上に戻る

 

 

テイクバック

腕をバタつかせないように、腰を回旋させて、腕(ゴルフクラブ)を上げていきます。腕を上げるというよりは、身体を捻転させる、ヘソを飛球線とは逆方向に向けるようなイメージを持つと、身体を捻転しやすくなります。左脚の踵を浮かせても大丈夫です。

テイクバックは、身体を回転させる、横の動作。
腕・ゴルフクラブを上げるという、縦の動作。

スポンサー広告

この2つの動作、横の動作と縦の動作が組み合わさっていると考えて下さい。これが理解できると、劇的にゴルフスイングのメカニズムが優しく感じるようになります。うまく打てないのは、ゴルフスイングのメカニズムを把握してないので、おもったように動作できてないだけです。人間は、頭の中でイメージできない動作をすることは、できません。

テイクバックのPOINT
アドレスをしたときに腕が三角形をつくりますので、その三角形が崩れないようにすると良いです。といっても、テイクバックしていけば、腕が作り出した三角形は崩れます。絶対に崩れないようにすることはできませんので、その辺りは勘違いしないようにして下さい。腕が作り出した三角形を崩さないようにするというのは、腕がバタつかないようにする、身体の捻転とシンクロさせるという意味です。

ページ上に戻る

 

 

トップスイング

左肩がしっかりと顎の下に入るくらいまで捻転します。左足の踵は浮いても大丈夫です。トップスイングがつくられると、右足、右の股関節あたりに荷重を感じます。そして、元に戻りたいのを我慢して、耐えることが大切です。女性ゴルファーの場合、身体が柔らかくて、オーバースイングになりがちですので、コンパクトなトップスイングをつくるように心がけると良いです。オーバースイングになってしまうと、身体の伸びきってしまい、スイング軸がズレやすくなりますし、伸びきった身体を戻すという動作も余計に必要となります。無理なく耐えられる程度に捻転すると良いです。

トップスイングのPOINT
左足の踵が浮いても良い。むしろ、浮かせた方が切り返しのタイミングがとりやすくなります。左肩をアゴの下に入れると同時に、右肩が真後ろ(後頭部側)にまで回転していることも意識すると良いです。

ページ上に戻る

 

 

ダウンスイング

自分の胸、オヘソが飛球線とは逆を向いている状態を保ちながら、下半身を回転させると、上半身が後から付いていくように回転します。腕で振るのではなくて、下半身を回転させることで、上半身を振るというイメージです。手首のコックを保ちながら、腕とゴルフクラブは、自然と下りてきますが、身体の回転と同調しているので、飛球線方向に振られます。

ダウンスイングのPOINT
直接、ボールを打とうとしない。腕とゴルフクラブは、真っ直ぐ下りてくるイメージを持つと良いです。グリップエンドを右足の踵に向けて下してくるイメージでも良いかもしれません。真っ直ぐ下してくると、ゴルフクラブが地面にあたってしまう感じがして不安という人も居ますが、身体は飛球線方向に回転しますので、ゴルフクラブも身体といっしょに回転していくので、地面に当たりません。

ページ上に戻る

 

 

インパクト

ドライバーショットの場合は、ドライバーヘッドが上方へ向かっていく途中でボールを打つイメージを持つと、アッパーブローで打ちやすくなります。

インパクトのPOINT
スイング軸がズレないように、身体が左側に流れないように、左足でしっかりと踏ん張って、左の壁をつくることが大切です。身体が左側に流れると、ミスショットの原因となります。

ページ上に戻る

 

 

フォロースルー

ボールを飛ばしたい方向にドライバーヘッドを向けるようにして、振り抜くことで、強いインパクトで飛ばせますし、方向性もよくなります。フォロースルーは、自分の腕のチカラで振るのではなくて、自然と振り抜かれるイメージです。ボールを置いている場所よりも、少し先を振り抜くイメージを持つとフォロースルーを作りやすくなります。ヘッドスピードを速くするコツとしては、フォロースルーがしっかりと作られているかという点にリンクしてきます。

フォロースルーのPOINT
フォロースルーは、ボールを飛ばしたい方向に向けることが大切です。それが、方向性にもなります。飛球線方向に向けて、ゴルフクラブを放り投げるようなイメージを持つとか、ボールの先を打つイメージを持つというような言葉で表現されることもあります。フォロースルーをしっかり作った方が飛ばせますし、方向性も良くなります。

ページ上に戻る

 

 

フィニッシュ

しっかりとフィニッシュをとることが大切です。フィニッシュとがとれずに、バランスを崩してしまうような場合は、スイング軸がズレやすい打ち方になっていることが多いです。

ページ上に戻る

 

 

少しでもヘッドスピードが速くなれば飛ばせる

ほんの少しでもヘッドスピードが速くなれば、飛距離アップできる可能性が高いです。ヘッドスピードよりもミート率が重要視されることもあります。ミート率も大切なのですが、ヘッドスピードが遅くてミート率が高いよりも、ヘッドスピードが速くてミート率が低い方が飛距離アップできる可能性は高くなります。

ページ上に戻る

 

 

女性ゴルファーのドライバー飛距離

女性ゴルファーのドライバー飛距離を紹介します。実際に、計測したデータを紹介します。
これは、私のゴルフ仲間の女性のドライバーの飛距離を独自に計測したデータとなりますので、参考としてください。

(1) スポーツやってました系の女性

  • ヘッドスピード:36~38m/s
  • ドライバー飛距離:180~190ヤード

(2) 身長が高くて、体格が大きい女性の場合

  • ヘッドスピード:35~37m/s
  • ドライバー飛距離:170~180ヤード

(3) 一般的な女性

  • ヘッドスピード:33~35m/s
  • ドライバー飛距離:160~170ヤード

(4) 非力な女性

  • ヘッドスピード:~33m/s
  • ドライバー飛距離:~160ヤード

さて、ご自分がどこにあてはまるのか、大体判るはずです。
実は、女性ゴルファーで多いのは、(2) 身長が高くて、体格が大きい女性の場合 のタイプです。意外と自分は飛ばないと勝手に思い込んでる女性も少なくありません。自分の本当の飛距離を把握して、飛ばすことで、スコアをまとめることを考えるのも必要なことです。

 

レディースティーから必要となる距離

レディースティーからラウンドしたときの距離を知っておくと良いとです。たとえば、PAR4ミドルホールの場合、レディースティーからでは、平均的に280~290ヤードくらいが多いです。週末ゴルフになれば、もうすこし距離が短いセッティングになってることもあります。

そして、PAR3の平均距離として、100ヤード前後が多いです。

レディースティーからラウンドしたとき、そのホールのグリーンまでの距離が把握できてれば、どれくらい飛ばせばよいのか判りますので、コース攻略しやすくなります。

実際のところ、レディースティーからの距離というは、かなり短いです。なので、女性ゴルファーは、ティーショットで飛ばせた方がスコアをまとめやすくなるということです。別の記事でも書きましたが、女性ゴルファーはティーショットで飛ばした方が断然有利です。

ティーショットで飛ばして、セカンドショットでミスしても、ボールがグリーンに近づけられますので、アプローチで寄せられればパーが獲れますし、ボギーでおさめることもできます。

 

ティーショットで180ヤード以上飛ばす

ぶっちゃけ、女性ゴルファーの場合、ティーショットで180ヤード以上飛ばせたら、PAR4ミドルホールは簡単です。残り、100ヤードちょこっと残るだけとなります。グリーンまで100ヤードくらいだったら、なんとかなりそう気がしませんか?その100ヤードが難しと言われたら、どうにもなりませんが。

女性用の飛ぶドライバーを使って、確実に飛ばしましょう!

 

関連記事

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧