女性ゴルファーが白ティからラウンドするコツ

女性ゴルファーでも飛ばせるし、今以上にレベルの高いゴルフを目指してる場合、白ティからラウンドするということもあります。女性ゴルファーが白ティからラウンドするコツを書きます。

 

全長距離の短いゴルフ場を探す(見つける)

白ティからラウンドするといっても、いきなり白ティからラウンドするとボロボロのスコアになってしまいます。
なので、初めは全長距離が短いゴルフコースを探すことが大切です。

距離が短いゴルフコースの白ティであれば、きっと良いスコアでラウンドすることができます。
距離が短いといっても白ティからのラウンドであれば、全長6000~6200ヤードくらいとなります。

レディースティ(赤ティ)の場合、全長5000~5500ヤードくらいとなりますから、白ティの方が距離が長いことが分かります。

白ティの各ホールの距離(ヤード)

PAR4ミドルホール 350~370ヤードくらい
PAR5ロングホール 480~550ヤードくらい
PAR3ショートホール 120~160ヤードくらい

※あくまでも目安となります

 

ティーショットで飛ばす

白ティからラウンドするとなると、ついついティーショット(ドライバー)で飛ばしたくなりますが、いつも通りで大丈夫です。少し曲がろうともスライスしようともフェアウェイキープを意識した方が良いです。フェアウェイキープすることで次のショットが打ちやすくなりますし、ボギーオンを目指せます。

 

セカンドショットはフェアウェイウッド、ユーティリティを多用

白ティからラウンドすると困るのがセカンドショットです。いつものレディースティ(赤ティ)からであれば、セカンドショット地点からグリーンまでの距離が100~130ヤードくらいだったのが、白ティからのラウンドではいきなり距離が長くなり、残りが150~180ヤードくらいということも多くあります。

距離が長く残ったときには、フェアウェイウッド、ユーティリティなどを多用することとなります。
ですので、長めのクラブを練習することが必要となってきます。

または、いつも通りアイアンで打っておいて、50~80ヤードくらい残して3打目でグリーン乗せて、確実にボギーオンを目指すのも良いです。できれば長目のクラブで打っていけた方がグリーンに乗せられる可能性も高くなりますし、数ヤードのアプローチが残ることも多くなりますので寄せやすくなりますし、パーチャンスが増えます。

 

ボギーオンでもOK!

白ティからのラウンドとなると距離が長いので、なかなかパーオンし難くなります。すると3打目勝負、ボギーオンが増えてきます。そして、3打目でグリーンに乗せるときにはアプローチが必要となります。出来る限り寄せられるとワンパットでカップインできますから、パーオンできないことが多い場合はアプローチが必須となります。

 

最大の難関は距離長めのPAR3

白ティからのラウンドは距離が長くなりますから、最大の難関はPAR3ショートホールです。
白ティからの場合、170ヤード以上とかもあったりします。

PAR3のショートホールでドライバーを使わなければいけないこともあります。

距離の長いPAR3ショートホールの攻め方としては、バンカーがあるのであれば、絶対にバンカーに入れないということです。
ティーショットでワンオンできなくても良いです。ショートして、手前からアプローチで寄せていけば良いです。

PAR3ショートホールを2分割して考える

距離が長ければ2分割して考えれば、けっこう心が落ち着きます。例えば、PAR3 180ヤードがあった場合、90ヤードを2回打てればグリーンに乗せられるワケです。ただ、それを真に受けて、そのまま実行するのが恥ずかしいという気持ちがあるのは否めません。で、あれば、160ヤードくらい飛ばして、残り20ヤードを寄せるという考えで攻めるというのもアリです。

この様な考えは逃げなので、既に負けてるという気がするかもしれませんが、ミスすればPAR3でワンオンできません。
なので、はじめから届かないということを前提にフルスイングできるクラブで打つというのも良いです。

※距離が長いPAR3の場合、無理せずにそのホールだけ赤ティを使わせてもらっても良いかもしれません。

 

スロープレーにならないこと

最後に距離が長いと時間を要することがあり、スロープレーにならないように注意することも大切です。

 

信頼できるゴルフ仲間とラウンドする

これはゴルフ技術のことではありませんが、信頼できるゴルフ仲間とラウンドすると良いです。信頼できるというのは、同伴者としてお互いのことを意識して、スコアをまとめられる環境を意識しながらラウンドできる人です。

仲間同士で談笑しながらゴルフするのも良いですが、なるべく真剣にスコアと向き合って取り組んだ方が良いスコアをマークできます。

また、女性が白ティからラウンドすると、他同伴者とのティーショットの飛距離差が出てしまい、カートを停める位置が自分のタイミングじゃない位置で停められたりすることがありますので、カートの先出しに関しても留意する必要があります。

その他、逐次書き足していきます

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧