フェアウェイウッドは必要か

 

フェアウェイウッドは必要か

100切るだけならば、必須のゴルフクラブではありません。
必ず使わなければならないクラブではありません。
使わない人も居ます。

ただ、非力な女性ゴルファーの場合は、フェアウェイウッドが使える方が、楽なゴルフができます。今は、フェアウェイウッドが打てなくても、将来的には打てるように練習しておくことが大切です。

打ちたくなるフェアウェイウッド

PAR5のロングホールで打ちたくなるのがフェアウェイウッドです。つまり、飛ばしたくなってしまうもなのです。アイアンよりも長めのクラブですし、芝生の上からのフェアウェイウッドを打つのは、なかなか難しいものです。最初は払い打ちと呼ばれる、横からヘッドを入れるような打ち方で練習すると良いです。フェアウェイウッドで多いミスは、チカラが入ってしまってダフってしまうことです。

フェアウェイウッドは軽いクラブですので、腕のチカラを抜いて、優しく振ってあげると、自然とシャフトが撓ってくれてボールを捉まえて飛ばしてくれます。とくにフェアウェイウッドの3番を芝生から打つのは、相当な技術が必要となります。最初は7番ウッド、5番ウッドなど短くてロフト角の数字が大きいクラブで練習をすると良いでしょう。

スポンサー広告

アイアンがうまく打てないのにフェアウェイウッドを使おうとする

アイアンがうまく打てないのにフェアウェウッドは無謀かもしれませんが、慣れてくるとソールが滑ってくれてボールにコンタクトできるようになってきます。そして、100切りにフェアウェイウッドは必要ありません。打てる自信が無ければ、アイアンで打った方が良い結果が得られることが多いです。上級者ゴルファーになればなるほど、難しいクラブを使うことを控えます。それは、大きなミスをしないように、無理しないように、自分のゴルフを組み立てているからです。良いスコアを出すということと、フェアウェイウッドを使う使わないは、あまり関係がありません。

ただ、競技に参加して様々なゴルファーと切磋琢磨していきたいというのであれば、将来的にはフェアウェイウッドというクラブは、強い武器になってくれますので、全く使わずに練習をしない訳にはいきません。将来的には使えるように練習をしておくことも大切です。

100切りが出来ない理由のひとつとしては、できないことにトライするということが挙げられます。練習場でうまく打てないのに、ゴルフ場でトライしようとする人が多いです。殆どの場合、ゴルフ場という環境に置かれると、冷静さを失ってしまうことが多いようです。

スポンサー広告

フェアウェイウッドを抜いたセッティング

フェアウェイウッドを使わないという場合は、ドライバー、アイアン、ウェッジ、パターのみというセッティングになります。セッティング的には、クラブ本数が少ないと思われるかもしれませんが、実際にいつものゴルフラウンドでは、これだけのセッティングで十分だったりしませんか?

  • ドライバー
  • 5番アイアン
  • 6番アイアン
  • 7番アイアン
  • 8番アイアン
  • 9番アイアン
  • PW(ピッチングウェッジ)
  • SW(サンドウェッジ)
  • AW(アプローチウェッジ)
  • パター

ショートウッドを取りれると良い

フェアウェイウッドの中でも、打ちやすいのが、7番ウッド、9番ウッドなどのショートウッドです。とくに7番ウッドは、しっかり打つことができれば、170ヤードくらいは飛ばせます。このようなショートウッドをセッティングに加えられるように練習しておくと良いです。芝生の上からの3番ウッド、5番ウッドはかなり難しいので、逆に大叩きしてしまうこともあります。

ショートウッドであれば、クラブの長さが短いので、アイアンに近いイメージで打つことができます。フェアウェイウッドが苦手だという人は、ショートウッドから練習をすると良いです。また、フェアウェイウッドが打てるようになってくると、ドライバーも安定して打てるようになってきます。

 

ゴルフ100切りのフェアウェイウッド

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧