テーラーメイド P790 アイアン(2021年モデル)

 

テーラーメイド P790 アイアン(2021年モデル)

基本的には中空構造のアイアンです。思いのほか優しく打てるアイアンです。テーラーメイドのアイアンには、ソール側にスリットが入っており、フェース面下部でヒットしても初速が落ち難く、飛距離ロスし難くなってます。

スピードフォームエアー

ヘッド内部にスピードフォームエアーを内蔵しておりフェースの柔軟性を高くしており高初速で飛ばせる構造となってます。

タングステンウェイト内蔵

タングステンウェイトを内蔵しており、低重心なヘッドとなっており、ボールに的確にコンタクトしやすくなってますし、高弾道が打ちやすいヘッドとなってます。

100切りゴルファーでも使えるか

テーラーメイド P790 アイアン(2021年モデル)は、100切りゴルファーでも扱えますが、ある程度の慣れが必要となります。ゴルフラウンド経験を積み重ねていけば、芝生からも打ちやすく感じますし、ラフからでもヘッドの抜けの良さを感じて、ストレスなく打てるようになります。

7番アイアンのロフト角が、30.5度となっており、ややストロングロフトとなっており従来のフォージドアイアンよりは飛ばせます。

 

テーラーメイド P790 アイアン(2021年モデル)基本スペック

基本スペック情報

  • 2021年モデル
  • 純正装着シャフト
    • N.S.PRO MODUS3 TOUR 105(スチール)
    • N.S.PRO 950GH neo(スチール)
  • 7番ロフト角:30.5°

 

各番手のロフト角

番手 3番 4番 5番 6番
ロフト角 19度 21度 23.5度 26.5度
番手 7番 8番 9番 PW
ロフト角 30.5度 35度 40度 45度

 

テーラーメイド P790 アイアン(2021年モデル)購入

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧