本間ゴルフ ビジール 535 アイアン

 

本間ゴルフ ビジール 535 アイアン

構えて直ぐに感じるのはヘッドが大きいということです。ヘッドが大きいということは、スイートエリアが広いということです。なので、ミスヒットにも強いです。そして、ややグースネックとなっており、ボールの捕まり向上を目指していることが伝わってきます。傾斜のライからでも打ちやすくなっており、ボールがすっぽ抜けるようなミスを軽減してくれます。

ヘッドが大きいだけではなくて、ソール幅が広くなっており、ダフリ難くなっています。ソールが滑ってくれますので、ダフったとしても、そこそこ打てるようになっています。アイアンヘッドのソール・トウ・ヒール・トップブレードの4ヶ所にスリットを設けており、インパクト時のフェース面の反発力が高くなっており、ヘッドスピードが遅いゴルファーでも弾いて飛ばせる構造となっています。

基本スペック情報

  • 純正装着シャフト
    • VIZARD for Be ZEAL(カーボン)
    • NS PRO950GH(スチール)
  • 7番アイン:ロフト角28.5°
本間ゴルフ ビジール 535 アイアン 特長

  • 低重心でボールにコンタクトしやすい
  • 高弾道が打ちやすい
  • 大きなヘッドで安心感がある
  • スイートエリアが広い

アイアン ロフト角

4番アイアン~8番アイアンまで

4番 5番 6番 7番 8番
19.5度 22.5度 25.5度 28.5度 32.5度

9番アイアン~SWまで

9番 10番 11番 AW SW
36.5度 41.5度 46.5度 51.5度 56.0度

本間ゴルフ ビジール 535 アイアン 中古

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧