PING G710 アイアン

 

PING G710 アイアン

PINGの飛ばせるアイアンです。アイアンといっても、中空構造となっておりフェースの弾きも良くて、打点がズレてもそれなりに飛ばせます。また、低重心となっており芝生の上からでもゴルフボールに対して的確にインパクトしやすくなっており、優しく高弾道が打てる構造となってます。

フェースの弾きが良い

フェースの弾きが良いので、多少ダフってもフェース面でボールを叩ければ、そこそこ飛ばせるというメリットがあります。ダフってしまって、ボールが全く飛ばないということを防げますので、ミスショットが多い初心者に向いてます。

黒ヘッドで構えやすい

さらには、ヘッドが黒色なので太陽光の反射を抑えて、眩しくて構え難くなることがありません。ヘッドが大きいのですが、黒色ヘッドなので引き締まって見えますし、小ぶりなヘッドに見えて、シャープに振りぬけるイメージを持って打つことができます。

 

ロフト角に関して

PING G710 アイアンは、飛び系アイアンなのでストロングロフトとなってます。7番アイアンのロフト角が、28度となってます。従来の6番アイアンくらいのロフト角となっており、かなり飛ばせる設計となってます。また、低重心なので高い弾道が打ちやすいです。飛ぶし、上がるし、飛距離アップできます。

番手 4番 5番 6番
ロフト角 18.5 21.5 24.5
番手 7番 8番 9番
ロフト角 28 32 37.5
番手 PW UW SW
ロフト角 43 48.5 54

 

PINGのアイアンセットのウェッジ、PW、UW、SWの意味

PINGのアイアンセットに含まれるウェッジには、PW、UW、SWがありますので、それぞれ説明します。

PW(ピッチングウェッジ)

ピッチングウェッジは、よく知られてるウェッジです。ボールを上げてグリーンを狙ったり、ピッチショットをしたりと、様々なシチュエーションで使えます。

UW(ユーティリティウェッジ)

Uは、Ultility(ユーティリティ)の頭文字を取ったもので、実用性がある、多目的などの意味があります。ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間距離を埋めるための新しいタイプのウェッジです。最近、ウェッジも飛びすぎますから、その飛距離差を埋めるためのクラブです。

SW(サンドウェッジ)

バンカー脱出に使えるウェッジです。バウンス角も大きくなっており、ボールを上げる打ち方に使えるウェッジです。

 

PING G710 アイアン 基本スペック

基本スペック情報

  • 2021年モデル
  • 純正装着シャフト
    • ALTA DISTANZA BLACK 40(カーボン)
    • N.S.PRO Zelos 7(スチール)
    • N.S.PRO 850GH neo(スチール)
    • N.S.PRO 950GH neo(スチール)
  • 7番ロフト角:28°

 

装着可能シャフト

装着できるシャフトは幾つかあります。こちらで紹介してないシャフトもありますので、自分のパワー、ヘッドスピードに合うシャフトを選ぶと良いです。その他、NS.PRO 950GH、MODUS TOUR などもあります。

ALTA DISTANZA BLACK 40

カーボンの軽量シャフトです。ヘッドスピードが遅いゴルファーに向いてます。それなりにゴルフ経験のある女性ゴルファーでも扱えるシャフトです。

素材 フレックス シャフト重さ トルク キックポイント
カーボン R 43グラム 5.7 中調子

N.S.PRO ZELOS 7

軽量スチールシャフトです。カーボンシャフトでは捻じれが多すぎると感じる人に向いてます。先中調子となっており、シャフト先端が動くので、小さなスイングでもボールを飛ばしやすいです。

素材 フレックス シャフト重さ トルク キックポイント
スチール S 77.5グラム 2.6 先調子

N.S.PRO 850GH neo

80グラム台の軽量スチールシャフトです。安定したスイング軌道で打ちたい人に向いてます。

素材 フレックス シャフト重さ トルク キックポイント
スチール S 88グラム 2.0 中調子

 

PING G710 アイアン 購入

 

PING G710 アイアン 単品購入

単品で揃えたい人向けに、単品販売もあります。

 

関連記事

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧