アイアンショットのミス

アイアンで多いミスはダフリ

実は芝の上から打つアイアンショットはドライバーショットよりも難しいと感じます。ドライバーショットはボールをティーアップして打つことができますから、ダフることが殆どありません。ダフる場合もありますが。芝の上からのアイアンショットは、ボールが芝生の上に置かれている状態のままで打たなければいけませんから、難しさが増します。

アイアンでダフる原因

アイアンでダフってばかりの場合は、手打ちになっている可能性があります。アイアンクラブを手で持ち上げて、手で打とうとするとダフりやすくなります。もともと、アイアンクラブは重さがありますので、手打ちでも誤魔化せてしまうという、あまり良くないメリットがあります。手で打とうとすると、早い段階で手首のコックが折れてしまって、ボールの手前でアイアンヘッドが芝生を叩いてしまいます。手を使わずに、柔らかく、身体と腕をシンクロさせてスイングをすることで、アイアンクラブが自然とボールを拾って、ボールを上げて、飛ばしてくれます。

スポンサー広告

ボールの位置が左足寄り過ぎる

アイアンショットでボールを上げようと考えていると、ボールを置く位置が左足寄りになります。すると、アイアンクラブがボールにコンタクトするよりも前に芝生に接地してしまいます。つまり、ボールの手前でダフってしまいます。

ボールの置く位置が左足寄り過ぎると、アイアンクラブがボールに届かずにボールの頭だけを叩いてしまうトップになってしまうこともあります。適切なボールの位置、適切なスイング軌道をイメージして、振り抜くイメージを持つことが大切です。アイアンクラブのヘッドをボールにヒットさせるというイメージよりは、ボールよりも少し先の方にヘッドを振り抜いていくというイメージの方が良いでしょう。

スポンサー広告

アイアンは腕のチカラを抜いて打つ

アイアンでダフリが多い場合は、腕にチカラが入っていることが殆どです。ゴルフで腕というのは、肘から下の前腕を意味します。肘から下の前腕にチカラが入っていると、手打ちになりやすいです。腕のチカラだけで、アイアンを持ち上げて、腕のチカラだけで、ダウンスイングをしてしまうからです。

手打ちがいけない理由としては、腕でダウンスイングをすると、手首のコックが直ぐに解けてしまって、アイアンがボールにコンタクトする前に、伸びきってしまうからです。すると、ボールの手前で、ダフってしまいます。

つまり、ボールの手前でダフるというのは、アイアンがボールにコンタクトする前に、スイングが終わっているという意味にもなります。

アイアンショットの基本は、腕のチカラを抜いて、肘から下を脱力させて、柔らかく振ることが大切です。

 

アイアン

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧