プロギア egg 44 ドライバー(短尺ドライバー)

 

プロギア egg 44 ドライバー

2021年11月12日発売予定

プロギアから長さ44.5インチの短尺ドライバーが登場しました。
シャフトが短いので振りやすいですし、ミスし難いドライバーです。

シャフトを短くしてしまうと振りやすいのですが、ドライバーのバランスが狂ってしまいますので、シャフト、ヘッド重量の設計が短尺ドライバー向けとなってます。
シャフトは、長さが短くて適度に撓ってくれて、ヘッドを走らせやすくしつつも、シャフト重さも調整されてます。また、ヘッド重量を重くして、ややヘッドを効かせて、バランスを出してます。

重心角

シャフトが短いだけではなく、ロフト角別に重心角が入っており、ロフト角10.5度の場合、重心角が大きく入ってボールが捕まりやすいドローバイアスとなってます。
ロフト角9.5度の場合、やや重心角の入りを抑えており捕まり過ぎない、叩けるヘッドとなってます。

 

プロギア egg 44 ドライバー 特徴

プロギア egg 44 ドライバーは、短尺ドライバーに分類されます。

シャフトが短くなるとミート率が高くなり、ボールスピードが速くなりますから、それなりに飛ばせますので、ミート率向上を狙ったドライバーだと言えます。
が、シャフトが短くなれば単純にヘッドスピードは遅くなりますので、従来のドライバーと比較して飛距離が落ちてしまう可能性もあります。
但し、シャフトが短い分、ミスし難くなりますので、ティーショットが安定します。

 

プロギア egg 44 ドライバーが向いてる人

シャフトが短くて振りやすいので、ティーショットに不安がある人、スライスが多い人、フェアウェイキープ率を高くしたい人におすすめできるドライバーです。ティーショットを安定させれば、OBを減らすことができるので、結果的にスコアが良くなることが多いです。

  • ティーショットに不安がある人
  • スライスが多い人
  • フェアウェイキープ率を高くしたい人

 

プロギア egg 44 ドライバー 基本スペック

  • 純正装着シャフト:オリジナル egg 44 ドライバー 専用シャフト
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:44.5インチ
  • フレックス:M43(S)、M40(SR)、M37(R)、M35(R2)
  • ロフト角:9.5、10.5

 

オリジナル egg 44 ドライバー 専用シャフト

フレックス シャフト重さ トルク バランス 総重量
M43(S) 50 7.3 D4.5 304
M40(SR) 46 7.6 D4.0 301
M37(R) 44 7.8 D3.5 299

 

プロギア egg 44 ドライバー 購入

2021年11月12日発売予定

 

関連記事

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧