ドライバーの飛距離アップがしたい

 

ドライバーの飛距離アップがしたい

ドライバーが飛ばない大きな理由のひとつとしてはスライスボールだからです。スライスボールは、ボールが高くあがって、右に曲がっていきます。スライスボールは飛距離をロスしてしまいます。

できれば、ボールを捕まえて、フック系のドローボールが打てれば、飛距離アップが容易となります。ドローボールの場合、ボールが着地してからも転がりやすく、トータル飛距離アップが望めます。

スライスを減らして、出来る限り真っ直ぐ飛ばすことができれば、それだけでも飛距離アップを望めます。

最近では、スライスし難いドライバーもあります。重心角が大きくなっており、インパクトでは自然とヘッドが閉じようとしてくれるので、捉まったボール、ドローボールが打ちやすい構造になったドライバーが増えています。

 

スライスの原因を考える

ドライバーが、飛ばない最大の原因は、スライスです。 スライスを減らすことで、直進性が高まりますので、それだけで飛距離アップできます。また、スライスを減らすことで、OBというリスクを減らすこともできますので、スコアアップも望めます。

グリップが悪い

グリップが悪いというのは、握り方が悪いという意味です。グリップが悪いとフェース面を閉じることができずに、フェースが開いたままインパクトしてしまいます。フェースが開いたままインパクトすれば、当たり前のことですが、スライスしてしまいます。

スポンサー広告

フェース面が開いている

ドライバーの種類によっては、もともとオープンフェースとなっているモデルもありますが、フェース面のコントロールができるゴルファー向けのモデルです。もし、どうしてもスライスしか打てないという場合は、使っているドライバーが、オープンフェースのモデルとなっていることもありますので、まずはチェックしてみましょう!

身体が開いている

飛ばそうと思って、速く打とうとすると、上半身が先行して飛球線を向いてしまい、クラブが遅れてしまいます。振り遅れになってしまいスライスボールとなることが多いです。下半身を先行させて、下半身に引っ張られて、上半身が回旋されるというイメージを持つことが必要となります。

手打ち

手だけで打とうとすると、スイングの軌道はアウトサイドインとなり、クラブが外側から入ってきますので、擦り球になってしまいます。ボールは左へ飛び出して、右へ曲がってきますから、当たり前ながらスライスボールとなります。

スライスボールはドライバーのフェース面がオープンになった状態でインパクトしていますから、ボールが右に曲がります。ですから、フェース面が開いてインパクトしてボールが右に曲がるのは正しいです。ただ、スライスさせたくない訳ですから、フェース面を真っ直ぐにしてインパクトをさせる必要があります。

 

ヘッドスピードよりもボール初速を上げる

飛距離アップを目指すと、まずはヘッドスピードを速くしようと考えます。そして、無理に速く振ろうとしてしまいますが、速く振るだけでは飛距離アップはできません。昨今、ドライバーショットに必要な要素はミート率と言われています。的確にドライバーのフェース面の芯でボールを打つことです。すると、ボール初速がアップします。ボール初速とは、打ち出されたボールの瞬間的な速さです。ヘッドスピードが遅くても、ミート率が高くて、ボール初速が速くなる打ち方ができれば、それなりの飛距離を出すことができるということです。

スポンサー広告

 

飛距離アップは100切ってから

ゴルフスコア100切るのに飛距離は必要ありません。自分の体力で無理なく飛ばせる飛距離で十分です。ただ、スコア100切ってから、それ以上の上達を目指す場合には、飛距離が必要になってきます。ある程度の距離のあるコースでは、飛距離がなければレギュレーション通りにボールを運ぶことが難しくなります。レギュレーション通りにボールが運べないということは、打数が増えてしまうということになります。コンスタントに100が切れるようになってから、飛距離アップを目指しても遅くはありません。ただ、飛距離アップは、スコアアップに繋がるのは事実です。

 

ドライバー メニュー

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧