ドライバーショットの基本

ドライバーはアッパーブローで打つ

ドライバーショットは、ボールをティアップして打ちます。ですから、本当はドライバーショットは簡単だとも言えます。ドライバーショットの場合は、ボールの置く位置とスイングでのクラブの最下点を調整するだけでも、ナイスショットの確率が高まります。クラブの最下点とは、ゴルフスイングの動作は円弧となります。その、円弧の最も低い位置にゴルフクラブが通るタイミングのことです。

 

ボールを直接打とうとしたり、ボールを上げようとすると、ミスショットするだけです。基本的にはスイングの円弧により、ドライバーヘッドは自然と上を向く挙動をしてくれますので、ボールに対して真っ直ぐインパクトすることができれば、ボールはロフト角通りの打ち出し角度で飛んでくれます。

スポンサー広告

慣れるとドライバーは簡単

慣れてくるとドライバーショットは、ボールをティーアップして浮かせて打つことができるので、実は打ちやすいというのが真実です。ただ、ドライバーというクラブの特性としてロフト角が小さくてシャフトが長いので打点がズレてしまうことが多いので、ミスショットも多くなってしまいます。スイング軌道を考えて、適切なアッパーブローができれば、自然とボールを飛ばすことができます。

 

ドライバー メニュー

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧