ミズノ ST200X ドライバー

 

ミズノ ST200X ドライバー

ミズノのドライバーというと、かなり難しい、打てないというイメージが強いかもしれませんが、かなり優しく打てるドライバーです。ゴルフスコア100切りを目指すゴルファーでも扱えるスペックとなってます。ヘッドにカーボン素材を使用して、軽量化を図りつつ、低重心となってます。とてもバックスピン量が少ない、低スピンなボールが打てるヘッドになってます。

前作モデル GXドライバーと比較すると、大きく変化した点が判り難いかもしれませんが、フェース面に使用されてるチタン合金が異なります。

ヘッドスピードが遅くても扱える ミズノオリジナルのシャフト MFUSION D カーボンシャフトを選ぶと良いです。軽量シャフトで、トルクも大きくて、しっかりと振ることができます。

低スピンで曲り幅を減らせる

ST200Xドライバーは、素材で弾いて、ボールを捕まえて、低スピンで飛ばすという3つの飛ばせる要素を取り入れてます。スライスしやすい人は、インパクト時フェースが開いてるので、スライスします。併せて、バックスピン量も増えやすく、超高弾道でボールが右に曲がってしまうような弾道となります。

ミズノST200Xドライバーは、ボールが捕まるのでスライスが減らせますし、スピン量も減らせるので、ボールが吹け上がることを抑えながら、ボールの曲り幅も抑えられます。スライスが多い人にもオススメできるドライバーです。

ウエーブテクノロジーソール

前作同様、ソールのフェース面寄りに溝が設けられてます。

スクエアストライクデザイン

ネック近くにウェイトが取り付けられており、ヘッドローテーションしやすく、ボールが捕まりやすい設計になってます。かなりのドローバイアスとなっており、優しくドローボールが打ちやすいです。フェースの反発力が高くてもボールが捕まらなければ、飛ばせません。

ベータチタン

2020年モデル ST200X ドライバーは、ベータチタンという反発力の高い素材を使用してます。もともと、高反発モデルに使用していた素材なので、ルール適合内でありながら、かなり反発力の高いフェース面となってます。

 

ミズノ ST200X ドライバー 基本スペック

基本スペック情報

  • 2020年モデル
  • ヘッド体積:460cc
  • ライ角:59度
  • 純正装着シャフト:MFUSION D カーボンシャフト
  • 長さ:45.75インチ(装着シャフトで異なる)
  • ロフト角:10.5度(可変式)

 

ミズノ ST200X ドライバー 特徴

  • 低スピンで飛ばせる
  • フェースの弾きが良い
  • 優しくボールを捕まえてドローボールが打てる

 

MFUSION D カーボンシャフト

軽くて、トルクが大きいシャフトです。ミズノのオリジナルシャフトです。ヘッドスピードが遅くても扱えるスペックとなってます。クラブ総重量も300グラム以下となり、かなり振りやすいスペックとなってます。

フレックス シャフト重さ トルク 長さ バランス 調子 総重量
S 49グラム 5.6 45.75インチ D3 中調子 292グラム
SR 44グラム 6.4 45.75インチ D3 中調子 286グラム
R 39グラム 7.2 45.75インチ D2 中調子 280グラム

 

Tour AD XC5 カーボンシャフト

シャフト重さが56グラム、クラブ総重量が303グラムとなります。ヘッドスピード42m/s以上のゴルファーに向いてます。手元調子となってるので、低い弾道になりやすい可能性があります。フィッティングでチェックされると良いです。

フレックス シャフト重さ トルク 長さ バランス 調子 総重量
S 56グラム 4.2 45.25インチ C9 中元調子 303グラム

 

Speeder 569 EVOLUTION Ⅵ カーボンシャフト

人気のスピーダーです。中元調子となっており、かなりシャフトの撓りが大きいイメージです。シャフトでボールを捕まえて、弾いてくれます。

フレックス シャフト重さ トルク 長さ バランス 調子 総重量
S 56グラム 4.2 45.25インチ C9 中元調子 303グラム

 

ミズノ ST200X ドライバー 購入

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧