Warning: getimagesize(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/bluerumble/golf-double-bogey.jp/public_html/wp-content/themes/golf-double-bogey.jp/twitter-card.php on line 44

Warning: getimagesize(https://arigaengolf.fs-storage.jp/detail-img/19tsdr_02.jpg): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/bluerumble/golf-double-bogey.jp/public_html/wp-content/themes/golf-double-bogey.jp/twitter-card.php on line 44
タイトリスト TS1 ドライバー | 優しく打てる | ゴルフ100切るコツを掴むブログ

タイトリスト TS1 ドライバー | 優しく打てる

 

タイトリスト TS1 ドライバー

タイトリストと聞くとアスリート向けで難しいゴルフクラブの印象が強いです。だけど、タイトリストというブランドとしては、硬派でカッコいい!ということから使ってみたいけど、難しいクラブが多いから、今まで諦めていたというゴルファーに朗報です。TS1 ドライバーは優しく打てるドライバーです。

実際に試打しましたが、軽くて、打ちやすくて、優しく打てます。まずは、ボールの捕まり具合にダイレクトに影響をする重心角(重心アングル)が大きく入っているので、インパクトにかけてヘッドが返りやすく、ボールが捕まりやすくなっています。タイトリストの今までのドライバーの中でも、かなり重心角が大きくなっており、ボールが捕まりやすいです。

一般的なヘッドスピードのゴルファーにぴったりなスペックとなっています。ヘッドスピード38m/s前後くらいのゴルファーが扱えるスペックとなっています。

 

軽量スピードシャーシ

スピードシャーシというのは、タイトリストが提唱しているボール初速を速くするためのタイトリスト独自のヘッド構造です。ソール側の銀色の部分がスピードシャーシとなります。インパクト時のエネルギーを受け止めて、強く弾くためのシャーシ(土台)となります。これにより、ドライバーヘッド全体でゴルフボールを受け止めて、適切な反発力で飛ばすことができます。

 

シャロー形状のヘッド

TS1ドライバーは、シャロー形状のヘッドとなっています。ヘッドを上から見ると、少し横長になっています。これは、重心深度が深くなっており、高弾道が打ちやすくなってます。また、スイートエリア近くで打ちやすいので、ミート率が高くなりますし、ボールスピードも速くなります。

スポンサー広告

 

TS1ドライバー、TS2ドライバーの違い、比較

TS2ドライバーも優しく打てますが、TS1ドライバーは、更に優しくなってます。TS2ドライバーと比べて、クラブ総重量が軽くなってます、ヘッド形状はシャロー形状となっており、フェースに高さがありませんので、どちらかというとフェアウェイウッドに近い感じとなっています。シャロー形状のヘッドのメリットとしては、重心深度が深いので高弾道が打てる、スイートエリア近くで打ちやすいので、ミートしやすいというメリットがあります。

 

TS1ドライバー 基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5度、10.5度
  • 装着シャフト:タイトリスト ディアマナ50、タイトリスト エアー スピーダー

 

装着シャフト

装着シャフトは2種類あります。ディアマナ50、エアースピーダーです。エアースピーダーの方が軽いので、クラブ総重量も軽くなり、とても振りやすくなります。

タイトリスト ディアマナ 50 シャフトスペック

先中調子・バランスD2.5

フレックス シャフト重さ トルク クラブ総重量
S 50 5.5 275
SR 48 5.6 273
R 46 5.7 271

タイトリスト エアー スピーダー シャフトスペック

先中調子・バランスD2。
ヘッドスピードが遅い人はこちらのシャフトを選んだ方が無難です。クラブ総重量も軽いですし、振りやすいです。

フレックス シャフト重さ トルク クラブ総重量
SR 45 4.8 270
R 43 5.0 268

 

タイトリスト TS1 ドライバー購入

有賀園ゴルフにて購入可能です。

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧