プロギア RS5 ドライバー

プロギア2020年モデルのドライバーが発表されました。2020年モデルはヘッドが3種類がありますが、そのなかでもボールの捕まりが良くて、優しくハイドローが打てる、RS5ドライバーを紹介します。

 

プロギア RS5 ドライバー 試打

実際に試打した感想としては、やっぱりフェースの弾きが良いですし、強く弾く範囲が広がってます。フェース面のどこで打っても、強く弾くので、打点がズレやすい人は、かなり優しく打てると感じるはずです。

RS5ドライバーの最大の特徴としては、ドローバイアスが入ってるという点です。インパクトにかけて、ヘッドが閉じるようにローテーションしてくれるので、ボールが捕まってくれます。スライスが多い人は、スライスを減らせますし、曲り幅を減らせます。つまり、OBを減らすことができるということです。

また、ボールが捕まることで、フェースの反発力が活かせます。

スピーダー エボ6 装着して試打

試打したときには、スピーダー エボ6 を装着してもらえました。中調子で、程よい撓りとなっており、標準装着シャフトよりも剛性があり、しっかりとしてますので、かなり叩けます。叩けるけど、左のミスが出難いです。

右腕のパワーを使って、ボールを叩く(押し込むような感じ)ようなスイングをする人には、オススメできます。やや、バックスピン量が増えやすいのがデメリットです。

 

一般的なヘッドスピードのゴルファー

一般的なヘッドスピードのゴルファーは、標準装着シャフト Diamana FOR PRGR がオススメです。

 

RS5ドライバーはスライスしない

プロギア RS5 ドライバーは、重心角が大きいです。重心角が何度かというのは、数値は公表されてません。が、少しフェースが開いてインパクトしても、ヘッドが閉じる挙動をしてくれるので、ボールが捕まりやすくてドローが打ちやすいです。ドローが打ちやすいというより、フック回転を発生させやすいので、もともとスライスが多い人は、スライスを減らせます。

プロギア RS5 ドライバー 特徴

基本スペック情報

  • ヘッド体積:460cm3
  • 純正装着シャフト:Diamana FOR PRGR(S・SR・R)
  • ロフト角:9.5° / 10.5°
  • 長さ:45.5インチ
スポンサー広告

装着シャフトに関して

標準装着シャフト以外には、以下のシャフトが装着可能です。
個人的には、スピーダーがオススメです。

  • Diamana ZF 50/60
  • Tour AD XC-5/6
  • Speeder 569/661 Evolution VI

プロギア RS5 ドライバー 購入

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧