飛ばせれば、ゴルフが楽になる?

 

飛ばせれば、ゴルフが楽になる?

ゴルフで、とうして飛ばしたのか? それは、カッコいいからなのかもしれませんし、飛ばせれば「うまいヤツ」と見られるかもしれないという見栄もあるかもしれん。現実的には、飛ばせれば、ゴルフは楽になることがあります。ゴルフが楽になるというか、ゴルフスコアが良くなります。

 

飛ばせるとスコアが良くなる

特に、ゴルフ100切りを目指しているゴルファー、女性ゴルファーは、ティーショットで飛距離が出せれば、スコアを縮められる可能性は高まります。飛ばせるということは、ティーショットで最初から、ボールをグリーンに近づけておくことができるからです。

攻略するホールのヤーデージから計算する

例えば、PAR4 ミドルホール 380ヤードというホールで、ティーショットで180ヤードしか飛ばせなければ、残りは200ヤード残ってしまいます。ティーショットで180ヤードということは、セカンドショットは直ドラで打ってもグリーンには届かないということになってしまいます。いきなり、セカンドショットで3番ウッドを使うかどうかという、究極の選択を迫られてしまいます。

刻むゴルフ

通常は、アイアンで刻み覚悟で打っていくことが多いでしょう。セカンドショットをアイアンで打っても、グリーンまでは数十ヤード程度は残ります。となると、3打目でグリーンに乗せる、寄せ、アプローチが必要となってきます。その、3打目をミスしてしまうと、直ぐにダブルボギーとなってしまうこともあります。

もともと、飛ばせるゴルファーは、セカンドショットでグリーンを捉えられなくても、セカンドショットでグリーン近くまでボールを運んでくることができますので、3打目が必要となっても、パターで転がせる程度の3打目だったり、数ヤードのアプローチだったりします。

この差は、とても大きいと言えます。

ですから、飛ばないゴルファー、100切りゴルファーは、アプローチをしっかりと練習しなければいけないということです。そして、ある程は飛ばせるゴルファーの方が、アドバンテージがあるということが判ります。

 

飛ばせないとセカンドショットが苦しい

飛距離が出せないゴルファーの場合、セカンドショットで、必然的にグリーンまでの距離が多く残ります。PAR4390ヤードというホールの場合、ティーショットで190ヤードしか飛ばなかった場合、グリーンまで180ヤード残ることになります。セカンドショットでグリーンまでの距離が多く残ると、使うクラブに迷ってしまうことがありますし、3打目が必要となる場合も多くあります。

つまり、パーオン率が下がってしまうので、スコアをまとめ難くなるということです。このようなことを考えると、飛ばせた方が楽なゴルフができます。

スポンサー広告

飛ばせると、左右のミスが気になる

飛ばそうと思えば、300ヤードくらいは飛ばせるというゴルファーも居ます。ただ、思いっきり振り回しますから、ボールが右に行くのか、左に行くのか判らなくなってしまうとのこと。つまり、飛ばせるということは、方向性を失うということです。飛ばせれば、飛ばせるほど、方向性を失いますから、飛距離に比例して左右への曲りは大きくなっていくということです。

 

飛ばせるドライバー

飛距離ばかり追い求めるのは、単なる勘違いとなってしまいますが、いまよりも簡単に飛距離アップすることができるドライバーがあれば、それを使った方が良いです。最近の捕まるドライバーというのは、簡単にドローボールが打てます。ドロー回転が入れば、ランが出ますし、飛距離アップしやすくなります。ドライバーが飛ばないと思っている人の殆どは、スライス回転が掛かっており、高弾道だけど右に曲がってしまう弾道が多いはずです。スライスボールの場合、曲がるし、ランが出難いし、飛距離が出ません。

なので、スライスを減らせるドライバーを使うと良いです。

飛ばせるアイアン

アイアンは狙うクラブです。だけど、グリーンまでの距離が多く残っている場合は、飛ばせるアイアンを使った方が楽です。7番アイアンで160~170ヤードくらい飛ばせるのであれば、とても楽です。スコアをまとめるのであれば、飛び系アイアンを使うと良いです。

考え方は人それぞれですが、飛ばせる方が今よりも楽なゴルフができます。ゴルフスコア100切れないのは、もともと飛ばせないからという理由もあるはずです。ゴルフに飛距離は関係ないと言われることもありますが、飛距離は必要ですし、飛ばせる方が良いです。

女性ゴルファーの場合を考えてみると、飛ばせないからこそ、レディースティーからラウンドをするのが当たり前となっています。

飛距離は武器、飛ばせた方がスコアをまとめられるようになります。飛ばすには、スイング改造をすることも必要ですが、もともと飛ばせるドライバー、飛び系アイアンを使うというのもアリです。

女性ゴルファーは飛距離が必要

特に女性ゴルファーの場合、飛ばすことができれば、直ぐにスコアがまとまります。PAR4ミドルホールでは、290ヤード前後くらいのホールなどが多いはずです。ティーショットで、160~180ヤードくらい飛ばすことができれば、グリーンまでの距離を縮められますし、パーオンできる確率も高くなります。

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧