ゼクシオ10ドライバー クラフトモデル

 

ゼクシオ10ドライバー クラフトモデル

ゼクシオ10ドライバーにスピーダーが装着されたモデルの紹介です。

2019年12月にゼクシオ11ドライバーが発売されるということもあり、ゼクシオ10ドライバーはマークダウンして、購入しやすい価格となってます。中古市場でも価格が安くなってきてます。

基本的にはシャロー形状となっており、スイートエリアで打ちやすい構造となってます。Speeder Evolution IV 569との相性が良くて、ダウンスイングからインパクトにかけては、よくヘッドが走ってくれます。叩けば、叩くほどにヘッドが走ってくれます。

シャフトはスピーダーが装着されており、ドライバーヘッドは全体的に黒基調となっており、とても落ち着いた雰囲気があります。ソールまでもが黒色っぽくなってます。ヘッドの構造はレギュラーモデルと大きな変更とはありません。

基本スペック

基本スペック情報

  • 純正装着シャフト:Speeder Evolution IV 569
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.5インチ
  • フレックス:S
  • ロフト角:8.5、9.5、10.5

Speeder Evolution IV 569の性能

装着されるシャフト、Speeder Evolution IV 569の性能が活かされたモデルとなります。速く振れば、振るほど、スイング軌道が安定しますし、シャフトが走ってくれますので、自然とヘッドが返って、ドローボールが打ちやすくなってます。

もともと、フックフェースが入ってますが、構え難さはありません。

スイングスピードを調整して打つと、シャフトの反応が鈍くなってしまって、スライスしやすくなります。これは、完全にSpeeder Evolution IV 569シャフトの性質があらわれてます。シャフト長さが45.5インチとなっており、とても振りやすく、バランスが良いです。

スポンサー広告

芯で打ちやすい

ゼクシオ10ドライバーのヘッド構造形状としては、シャロー形状です。フェースに高さがありませんので、まるでフェアウェイウッドのように薄いヘッドとなってます。シャロー形状だからこそ、打点が上下にズレ難く、スイートエリア近くでインパクトしやすくなります。つまり、ミートさせやすくなります。

ヘッドスピードが速い人は、バックスピン量が増えてしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

FUJIKURA Speeder Evolution IV 569 シャフトスペック

フレックスはSしかありません。スピーダーの性格を活かして飛ばせます。

フレックス シャフト重さ トルク クラブ総重量 バランス
S 53 5.2 308 D4

 

ゼクシオ10ドライバー クラフトモデル購入

ゼクシオ10ドライバークラフトモデル中古
スピーダー意外のシャフトが装着されてる中古もあります。ロフト角の選択に注意してください。
ゼクシオ10ドライバー クラフトモデル 中古一覧
楽天ショップ
新品(未使用品)もあります。
ゼクシオ10ドライバー クラフトモデル 新品
ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧