ゴルフスコア100切りにオススメのウェッジ

100切りゴルファーにウェッジは必要なのだろうか。ウェッジを3本入れているという人もいるけど、そんなに必要なのだろうか。ゴルフスコア100切りを目指すために必要なウェッジのことを紹介していきます。

 

バンカーで使うのはサンドウェッジ

必要不可欠なウェッジは、サンドウェッジです。サンドウェッジはバンカーで使うためのウェッジです。サンドウェッジのバウンスを利用してゴルフボールをバンカーから脱出させます。バンカーの形状や状況によって異なりますが、サンドウェッジを使わないこともあります。ですが、一般的にはバンカー脱出ではサンドウェッジを使用します。

短い距離のアプローチでも使う

サンドウェッジはバンカーの脱出だけではなく、短い距離のアプローチでも使用することがあります。サンドウェッジはロフト角が多くついており、ゴルフボールにバックスピンを与えて、グリーンでボールを止めやすいからです。

 

アイアンセットに付属するウェッジ

アイアンセットに付属するウェッジを使う場合のことを考えてみます。アイアンセットを購入すると、PW、AW、SWがセットに含まれていることがあります。100切りゴルファーの場合、アイアンセットを購入して、セットに含まれているウェッジを使うことが多いはずです。そのセットに含まれているウェッジを使った場合のことを考えて、使用する距離などを紹介します。

サンドウェッジ | 50ヤードまでの距離に使う

バンカーからではなく、芝生の上から使う場合、50ヤードくらいの距離でボールを上げる打ち方ができるのは、サンドウェッジです。ボールをやわらかく、ふんわりと上げて、グリーンに乗せるのに適しています。

アプローチウェッジ | 50ヤード以上、80ヤードくらいの距離で使う

50ヤード以上の距離、80ヤード以下の場合は、アプローチウェッジを使うと良いです。サンドウェッジよりもロフト角小さくなっており、サンドウェッジよりも距離を出すことができます。

ピッチングウェッジ | 80ヤード以上、110ヤードくらいの距離で使う

80ヤード以上の距離で使うのは、ピッチングウェッジです。ピッチングウェッジは、ボールを低く出すランニングアプローチに使用することもできます。サンドウェッジ、アプローチウェッジよりも距離が必要な時に使うと良いです。

 

PW、AW、SW のスペックと使用する距離感

PW、AW、SW のロフト角と使用する距離感を表にしましたので、参考にしてください。

番手 ロフト角 用途
サンドウェッジ 45度前後 バンカーで使う
アプローチウェッジ 50度前後 50~80ヤードくらい
ピッチングウェッジ 55度前後 80~110ヤードくらい
スポンサー広告

ウェッジは何本必要か?

アイアンセットにウェッジが含まれている場合、PW、AW、SWが付属していることが多いはずですし、用途を考えて、ウェッジはPW、AW、SWの3種類あると良いです。

上級者ゴルファーになれば、サンドウェッジのみだけで対応する人も居ます。

ウェッジは難しいクラブなので練習必須

ウェッジ関連のゴルフクラブは難しいので、しっかりと練習しておくと良いです。ボールを上げる打ち方、ボールを低く出して転がすような打ち方など、飛ばす、転がす、寄せるという打ち分けをしながら使用することがあるからです。

 

テーラーメイド おすすめのウェッジ

アイアンセットに含まれている、アプローチウェッジ、サンドウェッジでは満足できなくなったら、別途ウェッジを用意すると良いです。最近は、テーラーメイドのウェッジが人気です。世界ランキングに入っているトップランカーが使用している、信頼度の高いウェッジばかりです。

テーラーメイド ミルドグラインド 2 ウェッジ(クローム)

テーラーメイドの最新モデルのウェッジです。ローリー・マキロイ、ダスティン・ジョンソンというトップランカー達からの要望でつくられたウェッジです。フェース面だけがノーメッキとなってます。素材の柔らかさを活かして、打感が柔らかくて、ボールに吸い付く感触です。

シャフトは、Dynamic Gold、N.S.PRO 950GH があります。

 

テーラーメイド ミルドグラインド 2 ウェッジ(ブラック)

ヘッド全体が黒色となったミルドグラインド2もあります。太陽光の反射を抑えて、適切なアライメントと適切なコンタクトでアプローチできます。

 

その他、テーラーメイドの人気ウェッジ

モデル名 特徴 価格詳細
ミルドグラインド
ハイ・トゥ ウェッジ

フェースのトゥ側が高くなっており重心位置をセンターにしています。捕まり過ぎず、適切なコンタクトでアプローチができます。 価格詳細はコチラ
ミルドグラインド
ウェッジ

精度の高いコンピューター制御で削り出したウェッジです。ネックはスルーボアとして、重心位置がヒールに偏らないようにしています。 価格詳細はコチラ
ミルドグラインド
ウエッジ ブラック

黒いヘッドのウェッジです。陽の光が反射するのを抑えてくれますし、ヘッドが引き締まって見えるので、シャープなアプローチが可能です。 価格詳細はコチラ

 

ミズノゴルフ T20ウェッジ

ミズノといえば、フォージドのアイアンが有名ですが、ウェッジの方もかなり高品質で打感が良くて、スピンの入るウェッジを作ってます。とても構えやすい顔をしており、滑らせやすいイメージがあります。実際に試打をしたことがありますが、無駄に飛ばないし、無駄に転がらない、適度にボールの勢いを抑えて止められるウェッジです。

ミズノゴルフは、独自のフィッティング技術を持っており、そのデータに合わせてウェッジを選ぶことができます。

例えば、ウェッジで100ヤードという飛距離を飛ばしたいとき、ドライバーのヘッドスピードが38m/sくらいの人は、ロフト角46度を選ぶと良いというデータがあります。それを基準に自分が求めている飛距離とウェッジを選ぶことができます。

 

キャロウェイ マックダディ4 フォージド ウェッジ(2019)

特殊なミーリング、マイクロフィーチャー(CNCミルド)を施しており、バックスピンが発生しやすくなってます。ネックからリーディングエッジまでストレートになっており、とても構えやすくて、アライメントしやすいウェッジです。ボールに対しても適切にコンタクトさせやすいです。

さらには、ソールの方は緩やかな丸みを与えて、引っ掛かりが少なくて抜けやすくなってます。

各種シャフトあります。
100切りゴルファーの場合、重すぎないN.S.PRO 950GH がおすすめです。

キャロウェイ、他のウェッジ

その他、ウェッジありますのでチェックしてみてください。

 

クリーブランド CFX ウェッジ(2019)

このウェッジが優れてるのは、キャビティバックとなっている点です。キャビティアイアンのように優しく扱えるウェッジです。ただし、ある程度のキャリーを出そうとすると飛びすぎてしまう傾向があります。フェース面には特殊なミーリングが施されており、かなり強くスピンを発生させることができます。

ロフト角とソール形状の違い

CFXウェッジはロフト角によってソール形状がことなります。

ロフト角:46度、48度、50度、52度
Vソール:抜けの良いソールです。幅広ソールのアイアンのように抜けが良いです。
ロフト角:54度、56度
Sソール:ヒール側が緩やかな曲面となっておりバンカー対応となってます。
ロフト角:58度
Cソール:ヒール側、トゥ側が削られており様々なライで対応できます。

各シャフトあります

カーボンシャフトあります。パワーの無いゴルファーはカーボンシャフト装着のウェッジの方がおすすめです。

 

オノフ ラボスペック フロッグ リープ 2 ウェッジ

某ゴルフ系YouTubeチャンネルで紹介されてから、一気に知名度が広まったウェッジです。実際にソールが滑りやすく、ダフっても滑ってくれるので、ボールの下にフェースを滑り込ませることができます。バンカーが苦手なゴルファーにオススメのウェッジです。バンス角が3度となっており、バンカーだけではなくランニングアプローチなどにも使える、万能なウェッジです。

ロフト角:51度、58度、64度

 

フォーティーン DJ-4

しっかりとスピンが発生するウェッジです。スコアライン、溝を彫刻するのではなくプレスするという加工をしており、新溝ルールに適合する範囲で鋭いウェッジの溝となってます。

フォーティーンのウェッジは、かなりスピンが入りやすくて人気があります。

 

ゴルフ100切りのアプローチ関連記事

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧