2019年からはルールが変わってゴルフスコア100切りしやすくなる

2019年からゴルフルールが大きく変更されます。そのなかで、100切りゴルファーが大きな恩恵を受けられるルールを紹介します。これを知っておくだけでも、100切りしやすくなります。

 

バンカーにつかまったら、2打罰で救済が受けられる

2019年にゴルフルールが変更されますが、そのなかでもバンカーに関するルールにスポットを当ててみたいと思います。

2019年からの新ゴルフルールは、バンカーにつかまったら、2打罰で救済が受けられるようになります。ボールを拾い上げて、バンカー後方にドロップして、2打追加してプレー続行することができます。例えば、ティーショットを打ってフェアウェイ、セカンドショットがバンカーに捉まってしまったら、2打追加してボールをバンカーの後方の外側にドロップできます。そして、4打目打ちだしとしてプレー続行できます。2打罰でバンカーから脱出できるので、大叩きすることがありません。

バンカー苦手なゴルファーは助かるルール

今まで、バンカーで大叩きしていたゴルファーの場合、新ルールによりスコアを縮められるチャンスです。調子よくラウンドしてたのに、バンカーにつかまったら、途端に大叩きしてしまったというゴルファーは、新ルールによって助けられるはずです。

いつもバンカーで3打、4打とか叩いてゴルファーは、2019年の新ルールで少しだけスコアを良くすることができるはずです。これは、大きなチャンスと言えます。

ですから、今まで通り丁寧なゴルフを続けることで、100切りしやすくなりますし、コンスタントに100切りラウンドができるようになるはずです。

スポンサー広告

もう、バンカー脱出の練習をしなくても良いの?

新ルールによって、2打罰でバンカーからボールを拾い上げてドロップできるから、もうバンカー練習しなくても良いよねと考えてしまいがちですが、バンカー練習はしておいた方が良いです。正式な競技とかコンペに参加される場合、たったの1打でも大きな差をつけられることがあるからです。1打でバンカーから脱出できるのであれば、1打の方が良いということです。

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧