アドレスで固まって打てなくなる

ゴルフ100切りを目指しているゴルファーの場合、アドレスに入ってから打つまでに時間をかけてしまうことがあります。アドレスで固まると、打てなくなってしまうので、スムーズに打てる練習をすると良いです。

 

アドレスで固まって打てなくなる理由

素振りをして、アドレスをして、ボールにゴルフクラブを合わせて、打とうと思うと、なかなか打てない。打つ前にナイスショットしたいという気持ちと想いが頭の中を駆け巡り、色々なことを考えてしまいます。

そうなると、テイクバックの始動ができなくなってしまい、どうやってゴルフスイングをするのか判らなくなってしまうことはありませんか?

不安があればミスショットしやすい

これは、ゴルフスイングへの不安、ミスショットが出るかもしれないという不安などが、身体を畏縮させてしまって、スムーズなゴルフスイングができなくなってしまう症状です。人間は迷えば、スムーズに動きにくくなりますし、不安を抱えると的確な動作がし難くなります。ましてや、ゴルフというスポーツはアドレスという静止している状態から動き出しますので、動き出すためのキッカケを掴むことが難しいとも言われています。

何度も素振りして、アドレスをすると、そのまま固まってしまって打てなくなってしまうということもあります。

 

ゴルフ練習場でスムーズに打てるように練習をする

アドレスで固まって打てなくなるという場合、ゴルフ練習場でスムーズに打てる練習をしておくと良いです。

ルーティンを決める

アドレスして直ぐに打てるようになるには、ルーティンを決めると良いです。打つ前に素振りをして、アドレスをして、ボールにセットアップして、そして打つという、この一連の動作をすることで、リズムよく、スムーズに打てるようになります。

スポンサー広告

ルーティンは打つ前の所作と考える

ルーティンは、打つ前の所作と考えると判りやすいです。打つ前の、予備動作であり、準備動作です。素振りをせずに、アドレスをして、直ぐに打つ人も居ますが、そういった人はアドレスに入るまでの歩数などがルーティンとなっていることもあります。人間というのは何かにタイミングを合わせて運動をするというのは得意なのですが、いきなり動作に入るというのは、タイミングとキッカケが無いので難しいのです。


ルーティンを決めて、打つ前にはポジティブなことを考えて、ネガティブな考えを持たずに、ノンストレスで打てば、けっこうナイスショットが打てます。

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧