ゴルフクラブを買い替えれば100切れるか?

 

ゴルフクラブを買い替えれば100切れるか?

ゴルフクラブを買い替えれば100切れるか?という問いへの回答としては、YESでもあり、NOでもあります。ゴルフスコア100切れないゴルファーの場合、ゴルフクラブの知識が無いので、間違ったゴルフクラブ選びをしていることが多くあり、選び方を間違えなければ、意外と簡単にゴルフスコア100切りできたりもします。

つまり、ゴルフスコア100切りできないのは、自分のゴルフスイング技術の問題ではなく、ゴルフクラブが問題の場合もあるということです。

自分のパワーでは扱えない難しいクラブなどを使ってる場合、優しくて簡単に打てるゴルフクラブに買い替えることで劇的にスコアが良くなることもあります。

 

プロゴルファーが使ってるゴルフクラブ

ありがちなのが、プロゴルファーが使ってるゴルフクラブを選んで購入してしまったけど、なかなかうまく打てないというケースです。ゴルフクラブを購入するときの楽しみのひとつとして、有名プロゴルファーと同じゴルフクラブも購入できるというのも魅力なのですが、自分が扱えるどうかを考えて選ぶことが大切です。

プロゴルファーが使ってるゴルフクラブというのは、難易度が高くて、アマチュアゴルファーではなかなか扱いきれないことが多いです。シャフトは硬いし、重いし、おもいっきり振っても速く振れないので、ボールが上がり難かったり、スライスばかりになってしまうこともあります。

ドライバーを買い替えたのにスライスが増えたというのは、プロゴルファーが使ってるような、アスリート向けの難しいモデルかもしれません。一度、確認してみると良いです。

このような場合、完全にオーバースペックとなってます。アマチュアゴルファー向けの、アベレージ向けのゴルフクラブを選ぶことが大切です。

 

アベレージゴルファー向けのゴルフクラブ

ゴルフクラブの中には、アスリート向け、アベレージゴルファー向けに大きく分類されます。アスリート向けのゴルフクラブというのは、前述したようにプロゴルファーが使ってるような、ハイスペックなゴルフクラブとなります。

アベレージゴルファー向けのゴルフクラブというのは、初心者向け、ソフトスペックなゴルフクラブです。100切りゴルファーが選ぶゴルフクラブは、アベレージ向けのゴルフクラブの方が良いということです。

 

アベレージゴルファー向けゴルフクラブの特徴

アベレージゴルファー向けゴルフクラブの特徴を、ドライバー、アイアン、フェアウェイウッド、パター、ウェッジを順番に紹介します。

アベレージ向け ドライバー

アベレージ向けのドライバーは優しく打てます。アスリート向けドライバーと大きく違うのは、総重量が軽いこと、ボールが上がりやすい構造になっていること、そしてボールがつかまってスライスし難いという3点の特徴があります。といっても、これだけではなく、各メーカー様々なアイデアを取り入れてます。

ドライバーの最大の悩みはスライスではないでしょうか。アベレージ向けのドライバーは、スライスし難い構造となっており、真っ直ぐ飛ばしやすくなります。また、ティーショットでのOBを減らすことができるので、大叩きを防げます。これだけで、スコアが良くなりそうな予感がするはずです。

特に最近のドライバーは、ボールのつかまり向上を目指しており、ボールをつかまえてフック系のボールが打てるようにすることで、フェース面の反発力をインパクトエネルギーに変換しやすくなります。つまり、ボールがつかまった方が反発しやすいし飛ばしやすいということです。

スライスをする場合というのは、フェース面でボールが滑っており、右回転のスライスが発生しており、ボールがつかまってません。スライスを減らして反発を活かして飛ばすには、ボールをつかまえることが重要ということです。

スポンサー広告

おすすめのドライバー

テーラーメイド
エムグローレドライバー
やっぱり、ボールが捕まるし、ドローボールが打てるし、スライス減らせるし、よく飛びます。 詳細紹介
ブリヂストン
ツアーB JGR ドライバー
昔のモデルもボールの捕まりが良かったです。2019年モデルのJGRドライバーもボールが捕まって飛ばせます。 詳細紹介
プロギア RS RED ドライバー
プロギアのギリギリの反発力とボールの捕まりやすさの相乗効果により真っ直ぐ飛ばせるドライバーです。 詳細紹介

アベレージ向け アイアン

アベレージ向けのアイアンは、ヘッドが大きくて、キャビティバックとなってます。最近は、フェースの弾きも良くなっており、多少ダフってもフェースの弾きでボールを飛ばせるアイアンが増えています。

最近、人気があるのは飛び系アイアンです。ストロングロフトで、少しシャフトが長くなっており、今よりもヘッドスピードを速くして、反発力の高いフェースで弾いて飛ばせるアイアンが人気です。一般的には飛び系アイアン、飛ぶアイアンと呼ばれてます。このようなアイアンは飛距離性能ばかり追求しているように思えますが、低スピンで高弾道が打てる設計になっているアイアンが多いです。

昔のアイアンと比べてヘッドが大きく、それに比例してスイートエリアが広がってます。なので、打点が少しズレてもそれなりに飛ばせるし、高い弾道が打ちやすくなってます。

おすすめのアイアン

テーラーメイド
エムグローレアイアン
やっぱり、飛びます。完全に弾き系&飛び系アイアンです。 詳細紹介
テーラーメイド
M6アイアン
飛びます!飛距離不足に悩んでるゴルファーにおすすめです。 詳細紹介

アベレージ向け フェアウェイウッド

100切りゴルファーにフェアウェイウッドは必要ないと言われることがあります。ゴルフスコア100切るだけならば、フェアウェイウッドは不要です。ただ、少しずつゴルフに慣れて、スコアを縮めていくことを考えると、自然とフェアウェイウッドが必要となります。

フェアウェイウッドもドライバーと同じようにボールがつかまりやすいモデルを選ぶと良いです。また、低重心でボールにコンタクトしやすくて、高弾道が打てるフェアウェイウッドがオススメです。

アベレージ向けのパター

やはりパターも優しくストロークできるモデルを選ぶと良いです。最近、流行のデカヘッド(ヘッドが大きい)のマレットタイプのパターを選ぶと良いです。ヘッドが大きいと、ヘッドの重さを活かすことができますし、慣性モーメントが高くなり、真っ直ぐにストロークしやすくなります。結果的にボールも真っ直ぐに転がりやすくなります。また、しっかりとストロークができるので、ショート(カップに届かない)を減らすことができます。

おすすめのパター紹介
テーラーメイドパター

ウェッジ

はじめのころはウェッジはアイアンセットに含まれている、PW、AW、SWを使うのも良いです。その方が、アイアンセットとのシャフトが同じで、バランスも揃っているのでとても打ちやすいはずです。

慣れてきたら、ウェッジは別途単品で購入していくと良いです。ただ、ウェッジの選び方はとても難しいです。ロフト角だけではなく、バウンスの角度も考慮しなければいけないので、選ぶのが難しいのです。最近はウェッジのロフト角を選ぶと、自然とバウンス角度が決められてるモデルもあります。そのようなウェッジを選んだ方が迷わないので良いかと思います。

メーカーによって異なることもありますが、PW(ピッチングウェッジ)のロフト角が概ね44~46度くらいです。

ウェッジを単品で揃える場合、ロフト角52度、56度、58度の3本か52度、56度の2本を揃えると良いです。

ウェッジの飛距離参考

52度のウェッジ 飛距離 100ヤード前後まで
56度のウェッジ 飛距離 90ヤード前後まで

以上のことを考えてウェッジを決定すると良いです。

おすすめのウェッジ

ミルドグラインド 2 ウェッジ
クローム
ソールにもミーリングが施されたウェッジです 詳細紹介
ミルドグラインド 2 ウェッジ
ブラック
黒色のヘッドにすることで陽の光が反射するのを予防できます 詳細紹介
ミルドグラインド ウェッジ
ミルドグラインド ウェッジの初代モデル 価格詳細

 

背伸びせずに、ゴルフスコア100切りできるゴルフクラブを選択して購入することが大切です。難しいゴルフクラブを使うことが、目的ではありません。良いスコアをマークすることがゴルフの目的です。

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧