100切りゴルファーのヘッドスピードと飛距離とゴルフクラブ選び

 

自分のヘッドスピード

自分のヘッドスピードが、どれくらいの速さなのか、正確に把握しているゴルファーは少ないです。とくに、ゴルフ100切りを目指しているゴルファーであれば、尚更です。ゴルフが100切れるまでは、飛距離は気にしない方が良いと言われることもありますが、先に自分のヘッドスピードを知っておくことで、自分のスイングに合ったゴルフクラブ選びができますので、上達の近道となります。

 

どこで、ヘッドスピードを計測するの?

某量販店・ゴルフショップ

某量販店の試打スペース、ゴルフショップなどで計測することができます。ただし、ゴルフクラブの購入を考えているときにだけ、ショップでヘッドスピードの計測ができます。いつでも、ショップに行って計測できるわけではありません。

スポンサー広告

ゴルフ練習場

ヘッドスピード計測機が搭載された練習場で打ってみるというのも良い方法です。ヘッドスピードだけではなく、飛距離、ミート率、ボール初速も計測してくれるというハイスペックな機械が搭載されている練習場もあります。

ヘッドスピード計測機を購入する

ヘッドスピード計測機を購入するというのは、これか自発的に練習する時に役に立ちます。ある程度のレベルになったゴルファーは、ヘッドスピード計測機を購入して自分で確認していたりもします。ゴルフクラブを買い替えたりしたときやクラブ調整をしているときなどにも役立ちます。

ページ上に戻る

 
 

ヘッドスピードが速いと、どうなるの?

ヘッドスピードが速いと、飛距離が出ます。つまり、飛ばせるということになります。トレーニングをすることでヘッドスピードを速くすることもできます。

ゴルフ100切るというのであれば、まずは適切なスイングを身に付けることが先決です。適切なスイングができるようになうると、自然とヘッドスピードが速くなります。というよりも、ゴルフクラブが走ってくれるようになり、強いインパクトを迎えられるようになります。

ページ上に戻る

 
 

ヘッドスピードが速いだけではダメ

ただ、ヘッドスピードが速いだけでは飛ばないこともあります。ヘッドスピードと同じくらい大切なのは、ゴルフクラブです。もしかしたら、今使っているゴルフクラブは自分のスイングに合ってないかもしれません。

ヘッドスピードが遅いのだけど、ハードなスペックのゴルフクラブを使っている可能性もあります。逆にヘッドスピードが速いのに、初心者向けの柔らかいシャフトのゴルフクラブを使っているかもしれません。

ゴルフ100切りを目指しているとなると、ゴルフクラブの知識も乏しいものです。本当の自分のヘッドスピードと自分に合うゴルフクラブを見つけることも大切なことです。ゴルフ上達のひとつとして、自分に合ったゴルフクラブを見つけて使うというのがあります。自分のスイングにゴルフクラブが合っていなければ、しっかりと振っているのに飛ばなかったり、ボールが上がり難かったりもします。

ページ上に戻る

 
 

ゴルフ100切るからこそヘッドスピードを計測する

大切なのは、ゴルフを100切るためにヘッドスピードを計測して、自分に合ったゴルフクラブを使うということです。プロゴルファーが使っているモデルや人気モデルが必ずしも自分に合うとは限りません。ゴルフというスポーツは、あがってなんぼ、少ない打数を競うスポーツです。早目に自分のヘッドスピードを速くしておくということも上達の近道となります。

自分のヘッドスピードを知ることで、ゴルフクラブの選び方、シャフトスペックの選び方に影響を及ぼします。自分ではヘッドスピードが速いと思っていても、実はヘッドスピードが遅いということはあります。この場合、今使ってるゴルフクラブがオーバースペックとなっているということもあります。つまり、自分のヘッドスピードを知ることで、適切なゴルフクラブ選びができるということです。

はっきり言っておきますが、自分が思っているほど飛んでません

100切りゴルファーの場合は、スイングが作られてないので、自分が思っているよりも飛んでないことが多いです。ドライバーで、ナイスショットして200ヤード前後くらいです。少しでも当たりが悪ければ、160ヤードとか、180ヤードくらいです。

実は、100切りゴルファーのドライバー飛距離は、160ヤード少しが平均とされています。私も100切るかどうかの頃は、まったく飛ばせていませんでしたが、自分では飛んでいると勘違いしてしまっていることもありました。

本当は、飛んでません。

真っ直ぐ、遠くに飛ばすことの難しさを感じながら、ショットの精度を高めていくことが必要です。

ページ上に戻る

 

 

ヘッドスピードとシャフトスペックの選び方

自分のヘッドスピードが判れば、適切なゴルフクラブの選び方、シャフトスペックの選び方ができます。もし、今までなかなかうまく打てなかったというのは、自分のヘッドスピードに合ってないゴルフクラブを使っていた可能性がありますので、再度チェックする必要があるかもしれません。

ヘッドスピードが速いゴルファー

ヘッドスピード 42m/s以上の人

ゴルフスコア100切れない初心者でもヘッドスピードが速いという人は多いです。もともと野球などをやっていたという男性は少なりませんので、それなりに筋肉量が多くて、バットなどを振るという運動に長けている人は居ます。

ゴルフは初心者だけど、打ち方も分かってないけど、パワーがあるという人は、はじめからアスリート向けのゴルフクラブなどを使った方が良い場合があります。

パワーがあるので、初心者向けのゴルフクラブでは、シャフト剛性が耐えられなくなってしまう可能性があるからです。

シャフトのスペックはS以上、Xなどを使うと良いです。

ヘッドスピードが一般的なゴルファー

ヘッドスピード 38m/s~40m/s

シャフトフレックスはSを選択したほうが良いです。
また、アイアンなどはスチールシャフトを使用した方が弾道のバラつきが抑えられます。

ヘッドスピードが遅いゴルファー

ヘッドスピード 35m/s~38m/s

シャフトフレックスはRを選択したほうが良いです。
アイアンなどはカーボンシャフトを使った方が無駄なを力を抜いてスイングできます。

ゴルフ100切りのコツを掴むブログ | 投稿記事一覧